マスク生活が定着した昨今、より力を入れたいのがアイメイク。40代からは、目元の悩みを自然に隠しつつハリを出すのがポイントです。本記事では、40代の女性におすすめのアイメイクポイントや、悩みをカバーする方法など、ナチュラルに若々しい目元をつくるコツを紹介します。

40代からのアイメイク【基本】

40代だからこそ活きるアイメイク!年齢に合ったポイントメイクで、輝ける自分へ
(画像=『Lovely』より引用)

40代からのアイメイクは、メリハリがポイント。まずは、ぼやけた印象になりがちな目元を華やかに見せるポイントや、避けた方が良いメイクを紹介していきます。

ナチュラルな仕上がりを意識

40代でまず意識したいのは、ナチュラルな仕上がり。盛りすぎのアイメイクは浮いてしまう恐れがあるので注意が必要です。

ナチュラルといってもアイラインは欠かせません。繊細なラインとアイシャドウで、自然なグラデーションをつくるのが基本です。また、ハリやメリハリを演出するためにも、まぶたにツヤを出して目元を明るく見せたり、陰影や立体感をつけたりすることも意識したいですね。

取り入れたいアイテム

40代のアイメイクに取り入れたいのは、次の4つのアイテムです。

  1. アイシャドウベース
  2. アイライナー
  3. アイシャドウ
  4. マスカラ

アイシャドウベースは目元のくすみを払うだけでなく、アイシャドウの発色を良くしてくれます。それに加え、アイシャドウ単体で使用するよりも崩れにくくなるでしょう。

アイライナーは繊細に描けて、なじませやすいものがおすすめ。アイシャドウはメリハリをつくりやすい、クリアな発色のものやパール入りタイプが適しています。

また、目元がリフトアップしたように見せやすいマスカラも、アイメイクに積極的に取り入れたいところです。

おすすめのカラー

40代女性におすすめのアイシャドウカラーは、オンオフで使いやすく、肌になじみやすいブラウン系です。グラデーションをつくれるパレットが一つあると便利ですよ。女性らしさを演出したい時はボルドーが好相性。締め色を使うと、腫れぼったくならず引き締まった印象になります。

マスカラはナチュラルに仕上げやすいブラウンを使うと、ブラックよりもやわらかく、そして優しい目元になります。

避けた方が良いアイメイク

ナチュラルな仕上がりにするために、盛りすぎ、または濃すぎるアイメイクは避けましょう。特にアイラインは、長すぎたり太すぎたりすると浮きやすくなってしまいます。

とはいえ、ビューラーやマスカラを使わないアイメイクが良いわけではありません。まつ毛を上げないと、目元がぼやけた印象になりやすいためです。この後に紹介するアイメイクのコツを取り入れつつ、ナチュラルな仕上がりを意識してくださいね。