本格的に語学に取組んでみたいという方はいらっしゃいますか? 「ハワイは留学に適していない」と思われがちですが、それは誤解です。

留学で大切なことは、語学を楽しく学べる環境と生活でストレスが少ないことです。 この2点を満たすハワイは、おすすめの留学先と言えます。 そこで今回は、ハワイの語学学校の中でおすすめの2校をご紹介します。

ハワイ留学のメリット・デメリット

ハワイ語学習得!?留学先としてのメリット・デメリット
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイ留学のメリットは、治安の良さです。 はじめての海外生活をスタートするには、気候も穏やかで体調管理も安心できます。 また、アウトドアタイプの方なら、オフの日やレッスンの前後などに語学を活かしたアクティビティーのプランを組み込めます。 存分に楽しみながらも、語学学習に真剣に取り組むことが可能なのは「パワースポットアイランド」ハワイならではでしょう。

また、ハワイには日本人が多いイメージを持っていませんか? 実際は、ヨーロッパからの学生も多く、想像以上に多国籍な環境となっており、グローバルな環境もハワイの魅力の一つです。

もちろん、デメリットもあります。 物価が高いため、日々の生活では節約が大切です。 ファーマーズマーケットを利用して、自炊を心掛けるようにしましょう。 そして、美しい自然やアクティビティーの誘惑が多いため、留学の本来の目的を忘れない自制心も必要です。

ELSランゲージセンターズ・ホノルル

ハワイ語学習得!?留学先としてのメリット・デメリット
(画像=『LaniLani』より引用)

大人の語学留学として有名なのが「ELSランゲージセンターズ・ホノルル」。 キャンパスの周辺は、アロハタワー・マーケットプレイスや活気あふれるチャイナタウン、歴史的建造物やアーティスティックなスポットなど、観光としても楽しめる最高のロケーションです。

また、キャンパスでの学習と大学とのコースワークを融合できるプランもあります。 勉強熱心な生徒との出会いが、皆さんのレベルアップに繋がるはずです。

インターカルチュラル・コミュニケーションズ大学

ハワイ語学習得!?留学先としてのメリット・デメリット
(画像=『LaniLani』より引用)

「インターカルチュラル・コミュニケーションズ大学」は、ダウンタウンにある少人数制の大人向けスクールです。 教室は人気のアラモアナ・パシフィックセンターの10階にあるため、ハワイの夜景を見て学習のモチベーションが上がること間違いなしです。 ここは、ハワイで25年以上豊富な英語プログラムを提供している実績があります。

英語ONLY母国語はもちろん禁止

ハワイ語学習得!?留学先としてのメリット・デメリット
(画像=『LaniLani』より引用)

カレッジは日本人とスイス人が約35%、その他に韓国・中国・ブラジル・ドイツと多国籍な環境です(クラスのレベルによって、割合は変化します)。 広々としたラウンジでは、生徒や講師が自由に交流しています。

同じ国の人がいるというのはとても心強いですが、つい母国語で話してしまいそうになりますよね。 せっかく大きな意志を持ち留学しても、母国語に頼ってしまうのはもったいない! ICCでは「イングリッシュオンリー・ポリシー」が設けられており、母国語を厳しく禁止しています。 このシステムなら、安心してイングリッシュオンリーの環境に飛び込めそうですね。

インターカルチュラル・コミュニケーションズ大学/Intercultural Communications College

住所: 1585 Kapiolani Blvd Suite 1000, Honolulu, 電話番号: +1 808-946-2445 営業時間: 08:00~17:00 定休日: 土曜・日曜 URL: https://icchawaii.edu/ja/

年齢は関係なし!何歳でも語学取得は可能です

ハワイ語学習得!?留学先としてのメリット・デメリット
(画像=『LaniLani』より引用)

語学に年齢は関係ありません。 英語を学びインプットしたら、恥ずかしがらずに自分から積極的に話しかけてみましょう。 どんどんアウトプットすることで自信が付き、もっと話したいという好循環になりますよ。

大好きなハワイでパワーチャージしながら語学を頑張ってみませんか?

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選