あなたが今、片想い中で、その彼のラインを知っているのならラインを使った恋愛テクニックを使うべきでしょう。どんな話題がいいのか、どんなテクニックを使うといいのか見ていきましょう!恋愛に発展させるために、時には駆け引きも必要です!

恋愛に発展させる!LINEテクニック

恋愛に発展するラインとは?やりとりのテクニックを紹介!
(画像=『Lovely』より引用)

あなたが片思い中の彼と恋愛に発展させたいと思っているのなら、普通のLINEをダラダラと送っていてはいけません。

そこから恋愛に持っていくためには、それなりに恋愛要素を含めて、自分が相手の恋愛相手になれるように誘導しないといけないのです。

恋愛成就のためのLINEテクを見ていきましょう!

テク①挨拶と感謝から始める

まだLINEを交換したばかりのときには、まずは挨拶と感謝から始めることです。

例えば、「おはよう!昨日はありがとう!またいいところあったら教えてほしいな!」などのように、会った日のことに対するお礼を入れておきましょう。

最初からガツガツすると引かれてしまうので、最初は常識のある素敵な人という印象をつけるのが先です。そのために、挨拶と感謝を取り入れた内容のLINEが重要なのです。

テク②相手への興味を示すため質問をする

次に、LINEが続いたら相手への興味があるからLINEをしていることを最初に少し匂わせておきます。そうでないと、「なんでこんなにLINEしてくるの?」と不思議に思われてしまいます。

そのためこの時点で、「好きな食べ物ってなに?」とか、「趣味とかあるの?」と聞いてみましょう。まだ好きとは言わない内容なので、送りやすいですよね。質問があれば相手も返しやすいはずです。

テク③飛ばしすぎないように少なめのLINEにする

LINEをし始めた初期の段階で大切なテクニックは、飛ばしすぎないことです。頻繁にラインをするのではなく、ちょっと間を空けて少なめにLINEを送るようにしましょう。

あまりに急ぎすぎると会話のネタもなくなってきて、飽きられてしまいます。最初はLINEを続けること、そして興味を持ってもらうことを目標にしたLINEにしましょう!

テク④今日起きた出来事を話す

徐々に慣れてきたら、今日起きた出来事を話しましょう。そのとき、「今日ペットショップで可愛い猫がいたよ!」などのような文章を送ったら、一緒に写真をつけてもいいでしょう。

動物の写真なら癒されますし、好きな人も多いはず。そこで会話が広がることもあるので、たまには写真を一緒に送る会話をするのもおすすめです!

テク⑤共通の友達のことを話す

次に、共通の友達の話題に触れましょう。共通の友達の話は、かなり盛り上がります。共通の友達というのは、お互いの共通点でもあるので、2人だけが話せる話なのです。

ちょっとずつ特別感を高めていくためにも、友達の話題で面白い話をするというのは効果的です。よく知っている存在が同じというのは、それだけで特別感があるものです。

テク⑥自分の話をする

ここまで来たら、自分の話も入れていきましょう。最初から自分の話をしすぎると、一方的すぎて引かれる可能性があります。「この人自分が好きなんだな。」とナルシストっぽく思われることもあるでしょう。

しかし、ある程度相手の話を聞いたら、次は自分のことも話す番です。「○○が好きなんだ!」などのように自分の趣味や特技を話しておきましょう!この時、彼と共通の趣味などがあればぜひアピールしましょう。

テク⑦家族の話をする

お互いの家族の話もしていきましょう。ここまで来た頃にはLINEは毎日のように続き、お互いに返信のテンポも掴んでいるはずです。

LINEで恋愛テクニックを使って相手の気持ちをゲットするには、同じような話を続けてはいけません。ここらへんで踏み込んだ内容を持ってきましょう。

「兄弟いる?」とか、「お母さんどんな人?」などのように、あなたにとても興味がありますという内容を送っておくのです。家族の話は意外に盛り上がるのでおすすめですよ!

テク⑧好きなタイプなど恋愛の話を入れていく

いよいよ、恋愛の話を取り入れていきましょう。恋愛の話は、慣れてきたときに早めにしてください。いつまでも恋愛の話が出ないと、相手から「この人となんのためにLINEしているのかな?」と思われてしまいます。

そう思わせないように、お互いに落ち着いてLINEができる状態になったと思ったら、「好きなタイプってどんな人?」などのように、恋愛の話をいれましょう。相手もちょっと意識してくれるはずです。

テク⑨恋愛モードになっているのか聞く

好きなタイプを聞いたら、相手が今恋愛に対してどういう気持ちを持っているのかを把握しないといけません。これが分からなかったら、ただLINEが来たから返信してくれているだけなのか、好意があるから返信してくれているのかを把握することができないのです。

「恋愛したいと思う?」などのように恋愛に前向きなのかチェックしましょう。前向きならアタックしていくチャンスです。後ろ向きなら、「私は恋愛したいと思ってるんだ!」などのように相手をドキっとさせる内容のLINEをしましょう。

「だからLINEしているんだ。」ということを相手に分からせることで、相手の気持ちが動くこともあるのです。ここからは、どんどん意識させるスピードを上げてください。

テク⑩将来の話題をする

ここまできたら、もう相手に気持ちがある程度伝わっています。そのため、将来の話をチラつかせてみましょう。「将来どんな家に住みたい?」とか、「将来どんな人になるのが目標?」などのように聞くのです。

結婚したいとか、子供が欲しいというのは、まだ言わないでください。重すぎます。しかし、「将来」のワードを入れることで、「あなたとの将来」を自然と意識させることができるのです。質問されたことに答えるときって質問者の顔が頭に浮かぶものなのです。

テク⑪好きなことをアピールする

LINEで恋愛に発展させるなら、最終的には好きなことをアピールしましょう。好きなことをアピールしないと、何のためにLINEをしているのか分かりません。上手く相手から告白させるように誘導できたらいいですが、そう上手くいくとは限らないのです。

そのため、自分からアピールすることを忘れないでください。LINEでのアピールなので、真面目になって、「ずっと気になっていたからLINEをしていました。」などのように、告白じみたことを言いましょう!「好き」というアピールがないと、LINEで恋愛に発展するのはとても難しいでしょう。