普段、母親とはよく話をするのに、父親に相談事をしたり、じっくり話をする機会はあまりない、という女性は多いのではないでしょうか?
社会人になってから、自分の父親と語り合ったことはありますか?

父親と仕事について語り合うと良い影響がある!? 働く女性が「お父さんから受けた仕事のアドバイス」
(画像=『Woman type』より引用)

働く女性268人に「社会人になってから、自分の父親と語り合ったことがありますか?」と聞いてみたところ、「ある」と答えた人は半数以下。日々のたわいもない話はするものの、改まって語り合う機会は少ないのかもしれません。

語り合ったことがない人からしてみると、一体何を話しているのかが気になるところですが、「ある」と答えた人にその内容を聞いてみると、およそ半数の人が「仕事について」話をしていることが分かりました。そして注目すべきは、話をしたことによる父親への印象の変化。「父親はやっぱりすごい!」(25歳/一般事務)、「人生経験が豊富で参考になったし、尊敬した」(31歳/事務・企画関連職)といった声がほとんどだったのです! 中には「私の性格をよく理解した上でのアドバイスは、やたらと説得力があった」(25歳/営業)といった意見も。産まれてからずっと娘の成長を見守ってきた父親だからこそ、職場の上司や先輩に相談したときとは一味違うアドバイスができるのでしょう。

よく考えると、何十年も仕事をし続けている父親は最も身近にいる社会人の大先輩。仕事に関する具体的なアドバイスをもらったり、働く父の姿を見て影響を受けたりという経験は、多かれ少なかれ誰もがあるのではないでしょうか? そこで今回は父の日を記念して働く女性に街頭インタビュー! 「仕事に関してお父さんから受けた影響やアドバイス」について教えてもらいました。

働く女性に街頭インタビュー
仕事についてお父さんから受けた影響やアドバイスを教えて!

父親と仕事について語り合うと良い影響がある!? 働く女性が「お父さんから受けた仕事のアドバイス」
(画像=笑子さん/銀行員、『Woman type』より引用)

「広告代理店で営業の仕事をしながら、書道家としても活動していた父に言われたのは『誰にも真似できない自分だけのオリジナルを見つけるために、ひたすら練習をしなさい』ということ。実際に父は1カ月に1000枚もの半紙を使って書道の練習を重ね、数年前に大きな賞を受賞して日本一に輝きました。私も自分ならではのお客さまへの接し方を探すべく、試行錯誤を繰り返す毎日。これからも日々努力を続けていきたいと思います」

父親と仕事について語り合うと良い影響がある!? 働く女性が「お父さんから受けた仕事のアドバイス」
(画像=坊垣佳奈さん/取締役、『Woman type』より引用)

「私が幼いころから仕事が大好きな父でした。まさに背中を見て育った私は、いつからか『私もこれくらい熱中できることを仕事にしたい』と思うように。そんな父から一番影響を受けたのは、社会人2年目で昇格したときに送ったメールへの返信。たった一言『この世に生まれてきたからには、この世に生まれてきた証を残せ』。父らしい返信と言葉の重みに、『人生で何ができるのか。その答えが見つかったときに実現できる自分になるために、また明日から頑張ろう』と思ったときの気持ちは、今でも鮮明に覚えています」