神戸・三宮の中心地に立地し「都会のオアシス」と評判のカフェレストラン「グリーンハウス シルバ」。3階建ての一軒家カフェで、アプローチには背の高い樹木が生い茂っているため、森のなかにある別荘のような佇まいです。1階にはサンルーム、2階・3階にはテラス席を設け、緑を身近に感じられる造り。ランチ、カフェ、ディナーと時間を問わず利用できる使い勝手の良さも魅力です。

三ノ宮駅から徒歩5分で味わえる、まるで避暑地のような非日常感

木漏れ日のなかランチを 神戸・三宮のカフェレストラン「グリーンハウス シルバ」
(画像=緑いっぱいのアプローチ。夜になると幻想的な雰囲気に、『Lovely』より引用)

JR三ノ宮駅、各線神戸三宮駅から徒歩5分、飲食店や予備校、オフィスビルなどが混在する繁華街に突如現れる緑いっぱいの空間が「グリーンハウス シルバ」。“緑にそよぐ風、こもれびを浴びて幸せになれるオアシスカフェ”というコンセプトの通り、窓の外には緑、テラスから風が抜ける居心地のいい空間が広がっています。

木漏れ日のなかランチを 神戸・三宮のカフェレストラン「グリーンハウス シルバ」
(画像=自然を感じるなら庭の緑が眺められるテラス席へ、『Lovely』より引用)

1階はサンルーム、2階・3階はソファとテラス席

木漏れ日のなかランチを 神戸・三宮のカフェレストラン「グリーンハウス シルバ」
(画像=サンルーム仕様の客席は自然光がたっぷり降り注ぎ開放的な雰囲気、『Lovely』より引用)

もともとグリーンハウスは、住宅リフォームや飲食店・外構造園のデザインが得意な工務店だったそう。ライフスタイル全般を提案したいという想いもあり、カーテン、雑貨、家具のショップも経営し、約20年前に家具のショールームを兼ねてカフェを作ったのがきっかけで、2007年に「グリーンハウス シルバ」が誕生しました。

1階の客席はサンルーム仕様。天井と三方がガラス張り、窓の外には庭の緑が広がります。季節や天候によりますが、店内にいながら空を仰げるというシチュエーションも貴重です。

木漏れ日のなかランチを 神戸・三宮のカフェレストラン「グリーンハウス シルバ」
(画像=ソファはひとつずつ異なるので、お気に入りのデザイン&座り心地を探してみて、『Lovely』より引用)

2階・3階はソファ席が中心。2階には横並びで座れるペアシートがあり、カップルに人気です。窓側はテラス席になっていて、庭にある樹木がすぐ目の前に。

店内はむき出しのコンクリートとソファ、間接照明の組み合わせが大人っぽい雰囲気で、ゆったりと落ち着いて過ごせます。