癒し系女子になるには?【態度・振る舞い編】

癒し系女子の13の特徴!モテる癒し系女子になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

癒し系女性になるためには、どんな態度や振る舞いをしたらいいのでしょうか。癒し系女子になりたいなら、やはり態度や振る舞いは極めていかないといけません。結局は、顔が美人よりも、態度が柔らかいほうが癒し系になれるのです!

態度①周りに気配りをする

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、周りに気配りをすることです。周りが何を求めているのか、瞬時に分かる人は、癒し系女子です。なぜなら、気配りをされた相手が安心するからです。

常に人のことを優先し、意識していると、気配り上手になれます。自分のことばかりではなく、周りを見るようにしましょう!

態度②隙を見せる

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、隙を見せることです。なんでも完璧を目指すと、男性は窮屈です。全く癒されることがありません。そのため、手を抜くところは抜いたほうがいいでしょう。

この隙を上手に見せるためには、男性を頼ることです。できないことは、「やってもらえる?」と頼ってしまいましょう!そこがまた、癒されポイントになるのです。

態度③思いやりを持つ

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、思いやりを持つことです。誰に対しても思いやりの気持ちを忘れないようにしましょう。どこで誰が見ているか分かりません。人を区別せずに思いやる姿には、必ず周りで癒されている人がいます。

態度④何があっても笑顔を忘れない

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、何があっても笑顔を忘れないことです。たとえイライラしたことがあったとしても、すぐに笑顔に戻れる自分になってください。笑顔は自分の心も癒します。

そして、「いつも笑顔だな~。」と思われることで、癒されたいときにあなたに近づいてくる人がいるでしょう。

態度⑤明るさをキープする

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、明るさをキープすることです。やはり明るいのは良いことです。明るさをキープするだけで、何も話さなくても、そこにいることが癒しになります。

癒し系って、ほんわかタイプだけではないのです。元気でハツラツとした雰囲気に癒される人もいるのです。

態度⑥優しい話し方をする

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、話し方を優しくしてください。サバサバしていたり、ツンツンした話し方は、たとえ悪気がなかったとしても、相手は癒されるところまでいきません。

しかし、ゆっくり話して、相手の気持ちを考えた話し方をすることで、相手は確実に安心し、何かあったらあなたを頼りたくなるでしょう。

態度⑦感情をコントロールする

癒し系女子になるための態度や振る舞いは、感情をコントロールすることです。女性は、感情に波があるため、そこが怖いと男性に思われています。その波がない人ほど癒し系になれるので、自分でコントロールしてください。

そのためにも、いちいち気にしないことです。気にしないと決めるだけでも、感情を平行に保つことができるでしょう!