古都の風情が漂う鎌倉は歴史のある神社やお寺が数多く点在する一方で、温暖な気候に恵まれた海辺の保養地として注目されてきた一面もあります。そうした流れの中で明治から昭和の時代にかけては純和風の日本建築からハイカラな西洋建築まで大きな別荘がいくつも建てられ、今なお街中に多数存在するのも鎌倉街歩きの楽しみの一つです。今回はそんなお屋敷で歴史や文化に触れながらのんびり過ごせるカフェやレストランをご紹介します。

大正時代に1500坪の敷地に建てられた洋館でいただくフレンチ「古我邸」

古都・鎌倉にたたずむ素敵なお屋敷をリノベーションしたカフェ・レストラン7選
(画像=『Lovely』より引用)

鎌倉文学館や旧華頂宮邸と共に鎌倉三大洋館と呼ばれる「古我邸」は大正5年に建てられた西洋建築の館で、歴代総理が別荘として利用していた時期もあるという歴史があります。洋館が建てられてから100年後にそれまでずっと非公開だった個人宅をリノベーションしてフレンチの美味しいレストランとしてオープンしました。

古都・鎌倉にたたずむ素敵なお屋敷をリノベーションしたカフェ・レストラン7選
(画像=洋館山側のカフェテラス、『Lovely』より引用)

鎌倉市内を見下ろす景観の中で楽しむフレンチは地元相模湾の天然魚や近隣農家の野菜を使い、池に面したテラスにはカフェスペースも設けられています。

古我邸(コガテイ)

鎌倉市扇ガ谷1-7-23(MAP)

0467-22-2011

ランチ11:00~15:00(L.O.14:00) ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)

火曜

緑をたたえる池泉式庭園に囲まれた静かな純和風の邸宅「Sasho」

古都・鎌倉にたたずむ素敵なお屋敷をリノベーションしたカフェ・レストラン7選
(画像=『Lovely』より引用)

細い路地を進むとその奥に見えてくる入母屋造りの重厚感漂う純和風の邸宅「Sasho」。鎌倉駅に近い場所にありながらも静かなエリアで、ウグイスやトンビなど様々な鳥のさえずりが響き渡ります。裏山から敷地内に水を引いて滝と池をこしらえた池泉式庭園がひろがり、緑豊かな庭の様子を見ながらの食事は日頃のあわただしさを忘れるひと時に。

古都・鎌倉にたたずむ素敵なお屋敷をリノベーションしたカフェ・レストラン7選
(画像=和栗を使った手づくりの和菓子はぜひ日本茶と一緒に、『Lovely』より引用)

煮込みと火を止めて味をなじませる作業を3日間繰り返して仕上げる絶品シチューやレモンたっぷりの濃厚チーズケーキなど手づくりのおもてなしに心が和みます。

Sasho(サショ)

鎌倉市扇ガ谷1-11(MAP)

0467-24-3233

11:30~17:00(L.O.16:30)

木曜 毎月最終火水曜(年末年始)※ワークショップでの貸切による休業あり