もう飽きて使わなくなってしまった香水や古くなってしまった香水、その捨て方に悩んでいる人はいませんか?今回は余った香水の捨て方から古い香水を使った面白いアレンジ方法まで暮らしのアイデアを詳しくご紹介致します♪不要な香水をすっきり整理したい人は必見ですよ!

適当な捨て方は絶対ダメ!余った香水の捨て方を徹底解説!

皆さんは日々の暮らしの中でもう古くなってしまった香水や、香りの好みが変わってしまった香水などが自宅にたくさん残っていませんか?

昔自分で買った香水やまたは誰かからのプレゼントの香水がある場合は暮らしていく中でいつか使う機会があるかもと捨てきれずに残しておく場合もあるかもしれませんが、実は香水にも使用期限というものがあるのをご存知でしょうか。

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)

普通の香水は開封後およそ3年ほどで中身の液体の品質が変わってしまうと言われていて、だいたいその期間を過ぎると香りも少しずつ変化してしまうことが知られています。あまりに古い香水は処分してしまった方がお部屋もスッキリと綺麗になって暮らしが快適になるかもしれません♪

中身が残っている香水を捨てる時は排水溝に流すのが良いと思っている人もいるかもしれませんが、実は香水はアルコールが材料に使われているためそのまま排水溝に流すというのは控えるべきです。

今回は余った香水の捨て方で悩んでいる人のために、処理の方法を詳しくご紹介していきたいと思います!

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)

余った香水の捨て方①品質をチェックする

余った香水はまず少し布などに中身を吹きかけて品質のチェックをしてみましょう!

もし以前と変わらない品質や香りを保っている場合は、そのまま捨てるよりも後でご紹介する香水のアレンジ方法で使える場合がありますし、ブランドの香水であれば友人などに譲ってあげるというのも良いかもしれません。

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)

香水の品質を確認する方法はとても簡単♪まず布に染み込ませた液体を少し体から離して香りを嗅いでみて、ツンと鼻につく不快な匂いが無いかどうか、また液体がドロリと粘着質になっていないかをチェックすればOKです!

陽のあたる場所にずっと置いていた場合は品質の劣化がひどい場合もありますが、暗所で保管しておいた場合は意外と品質を保っているものも多いようですよ。

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)

余った香水の捨て方②瓶から中身を取り出す

余った香水の品質をチェックしてそのまま捨てることに決めたあとも瓶の中身が残っている場合はそのまま排水溝などに流すわけにはいきません。瓶の中の液体を取り出して捨てることになりますので、まずはフタを綺麗に外してしまいましょう。

開かない瓶のフタはキャップ式になっているものは軍手などをして力を入れると簡単に開けることができます。はめこみ式などの開かないフタはドライバーなどを隙間に差しこんでテコの要領で力を入れると開けられます。

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)

開かないフタを道具を使わず無理やりこじ開けようとすると爪が割れてしまったり怪我をする恐れもありますので、作業をする時は十分注意してくださいね。

香水の捨て方は?開かない場合の処分方法から香水アレンジまで!
(画像=『Lovely』より引用)