日々を送る中で、小さなストレスは少しずつ降り積もっていくものです。たまにパーッと発散するのもいいけれど、まだストレスが少ないうちから、小まめに解消することも大切ですよ。

日常に取り入れたい上手な気分転換の方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

①ベランダでぼんやり

「部屋で過ごしているときに気分転換したいときは、私はベランダでぼーっとする時間を作るようにしています。

『なにもしない時間』って、今の時代、わざわざ作ろうと思わないと難しいじゃないですか。ネット環境があれば、いつでもスマホで色々な情報にアクセスできるし。基本的にテレビをつけたままにしている人も多いと思うんです。

手にはなにも持たないで、ただベランダでぼんやりするのがいいんです。常に使われている頭が、そのときだけはリラックスできている気がするんですよね」(30代・女性)

②場所や道を変更

「いつも過ごす場所や、よく通る道を変えるだけも、意外と気分転換になりますよ。常に同じところにいると、やっぱり気が滅入るから。

部屋で過ごすことがつらいときは、散歩に出かけたり、スーパーやコンビニに買い物に行ったり。会社に通勤するときの電車や道を変えてみたり。見える景色が変わると、気持ちも変わりますから。

過ごす場所を変えてみることで、新しい発見があって、日常にちょっとした楽しみも加わるかもしれないですしね」(30代・女性)