キャリアアドバイザーが査定!
働く女の“真価格”
働けども働けども上がらない給料。これって普通? 私のスキルが足りないだけ? そんな疑問を抱く女性たちの職務経歴書をキャリアアドバイザーが査定。適正年収と今後の年収アップの方法を、職種別に伝授します。さぁ、みんなの仕事の「真実の価格」はいくら?

今回は、26歳・販売職Bさんの適正年収をキャリアアドバイザーが査定。Bさんはアパレル企業に新卒で入社。現在は副店長を務めているという。

Bさんの現年収は250万円。果たして適正年収は? 職務経歴書を見てみよう。

26歳のアパレル販売員、現年収250万円。キャリアアドバイザーが見る適正年収&収入アップ方法とは?
(画像=『Woman type』より引用)

プロフィール・職務要約

【年齢】26歳 【性別】女性
【学歴】大学卒
【現年収】250万円
【職務要約】
大学卒業後、アパレル企業に3年6か月在籍(現職)。 自社ブランドの店舗にて、接客・顧客対応・在庫管理などの業務に従事。入社2年6か月目より副店長

職務詳細

【担当業務】
■20XX年X月~20XX年X月(2年6か月間)
ポジション:販売スタッフ
接客販売/商品、備品管理/精算業務/クレーム対応/部分レイアウト作成、商品整理/アルバイトスタッフの教育

■20XX年X月~現職(1年間)
ポジション:副店長
接客販売/競合視察/売上管理/店舗全体のレイアウト作成/店舗在庫の調整、管理/新規顧客の獲得/VIP顧客の対応/販促イベントの提案、実施/新入社員教育/クレーム対応

【担当ブランド】
■ブランドA
客層:10代後半~20代女性
価格帯:2,000~8,000円
来客数:40〜120名/1日

■ブランドB
客層:30代以上の女性
価格帯:8,000円~40,000円
来客数:10〜20名/1日

【実績】
・20XX年度 店舗内個人売上額1位
・20XX年 店舗内顧客獲得数、リピート率、個人売上額 1位
・20XX年 店舗売上目標達成(110%)
・新店舗立ち上げを2度経験

著者名

【査定者】
『type転職エージェント』キャリアアドバイザー
檀上悠一

新卒で外資系アパレル企業に入社。販売・店舗マネジメント等を経験後、2021年に株式会社キャリアデザインセンターへ転職。type転職エージェントにて、女性求職者のサポートを専門とするチームの部長を務めている

年収250万円は業界の平均水準の範囲内。年収アップを目指すなら異業種転職を視野に入れて

26歳のアパレル販売員、現年収250万円。キャリアアドバイザーが見る適正年収&収入アップ方法とは?
(画像=『Woman type』より引用)

キャリアアドバイザーの査定結果

現年収:250万円
適正年収:250万円程度

アパレル販売職は、そもそも給与水準が高い職種ではないため、現在のBさんの年収は業界の平均水準の範囲内だと言えます。

そのため、アパレル販売員としての市場価値で見るならば、年収はやや低く思えるかもしれませんが、適正ということになるでしょう。

とはいえ、Bさんの職務経歴書を見ると強みとなるポイントはたくさんあります。3つのポイントに分けて説明しますね。

①売上実績

「店舗内個人売上額1位」、「店舗内顧客獲得数・リピート率・個人売上額1位」など、確かな実績を出しているBさん。販売員としての接客スキルの高さが伺えます。

②複数ブランドでの勤務経験

Bさんは二つのブランドでの勤務経験をお持ちですね。異なる顧客層・価格帯のブランドでしっかりと実績を出しているので、多様な顧客層に向け、柔軟に対応できる販売・接客スキルがあることが推測できます。

特に、30代以上の顧客向け・高単価のブランドで活躍していることから、接遇スキルの高さが読み取れます。

③副店長としての勤務経験

直近の1年間は、副店長として働いているようです。マネジメント経験に加え、売上管理や販促イベントの提案、実施など、幅広い業務を担当していることが分かります。

26歳のアパレル販売員、現年収250万円。キャリアアドバイザーが見る適正年収&収入アップ方法とは?
(画像=『Woman type』より引用)

このように、職務経歴書を見る限り、Bさんはとても高いスキルを持っていることが分かります。

もしも収入アップを目指したいという場合には、これらの経験や培ってきたスキルを生かして、別の業界・職種に転職するという選択肢もあります。