これから進む道、20代でどう決める?
「私の未来」の見つけ方

生き方も、働き方も、多様な選択肢が広がる時代。何でも自由に選べるって素敵だけど、自分らしい選択はどうすればできるもの? 働く女性たちが「私らしい未来」を見つけるまでのストーリーをお届けします。

周囲と自分を比べたときに、「自分らしさ」を明確に語れる人は多くないだろう。個性を重んじる現代、「自分らしさって何?」という問いに立ちすくんでしまうこともあるのでは?

サバイバル活動をするアイドル=「さばいどる」として、YouTubeを中心に人気を集めるかほなんさんも、かつては自分の強みや個性が分からず「自分らしさ」に悩んだ一人だ。

「さばいどるの活動も、最初は全然上手くいかなかった」と振り返る彼女だが、いまやチャンネル登録者数40万人超の人気YouTube配信者。

「さばいどるで生きていく」と腹を決め、自分らしいキャリアを歩み出すことができたきっかけは一体何だったのだろうか。

会社員とアイドルと。兼業時代に感じた「中途半端な自分」への焦り

アイドル活動を始めたのは、約8年前。学生時代、アルバイト先のメイド喫茶で「アイドルグループをつくろう」という企画があるのを知って、手を挙げたのがきっかけでした。

昔からアイドルに憧れていて……というわけではなくて、動機も「面白そうだな」というふんわりとしたもの。今もそうですが、好奇心だけは人一倍だったんですよね(笑)

その後、『おーだーめいど138』(2018年に『おーだーめいど』に改称)というご当地アイドルグループの一員に。地元のお祭りやイベントの会場でのライブを中心に活動していました。

最初はとても楽しかったですね。人前でパフォーマンスをする機会なんて、普通に生活していたらそうそうないですし、応援してもらえるのもうれしかった。

ただ、お仕事がたくさんあるわけではなくて。アイドル一本で食べていけるほどの収入もなく、学校卒業後は企業に就職して「兼業アイドル」として活動していました。

YouTubeで積極的に動画を配信し始めたのは、アイドル活動開始から3年ほど経ったタイミング。事務所とアイデアを出し合い、もともと趣味だったアウトドアと、アイドルとして生き残る=サバイブすることを掛けた「さばいどる」という企画が生まれました。これが、今の「さばいどるチャンネル」の原型です。

これも、初めは全く上手くいかなかったんですよ。チャンネル登録が一向に増えなくて、2年続けても200人いくかいかないか。どうしたらもっとたくさんの人に見てもらえるんだろう、と悩みました。

考えた結果、それまで勤めていた会社員としてのキャリアを捨てて、YouTubeでの活動に専念することに。

うまくいってないYouTubeのために会社を辞めるなんて、普通に考えたら無謀ですよね。でも、それまでずっと兼業を続けてきたことで、心のどこかで「このままでは仕事もYouTubeも中途半端になってしまう」という焦りがあったんです。

「そんなにやっても芽が出ないんだから、YouTubeの方を辞めればいいのに」と思う人も多いかもしれません。でも、私自身がやっていて楽しいのはアイドル活動やYouTubeでの動画配信だった。せっかく楽しいと思えるものがあるのに、安定だけを求めてそっちを捨ててしまうのはもったいない。今だからこそできること、挑戦できることなんじゃないかって思って。

中途半端なまま終わりたくない。だから私は、自分が楽しいと思えること一つに集中する。他は全て捨てようと思い、腹をくくりました。

「まずは3カ月」マイルールを決めて動画を自作。初めて得られた手応え

会社を辞めてからは、YouTubeの取り組み方を変えました。当初は企画、撮影、編集まで事務所がやってくれていましたが、それだと時間が掛かってしまって。月に2本程度しか新しい動画を公開できていなかったんです。

それまでは兼業だったこともあり、私自身の時間の掛け方も努力も足りていなかった。結果を出すにはもっとコミットしなくちゃダメだ。そう思って、YouTubeに関するすべてを自分の手で担当することに決めました。

まず取り組んだのは「1週間に3本動画を投稿する」こと。正直、かなり大変でした。撮影も編集も不慣れで時間が掛かるし、収入はないどころか、手持ちのお金は減っていく一方。なかなか結果も出なくて、やっていることは楽しくても、現実を見ると「しんどいな」と感じることの方が多かったですね。

それでも、3カ月間はやってみよう、って決めていました。理由は、YouTubeのチャンネル運営のコツを勉強する中で「最低3日に1本動画を投稿すれば、3カ月くらいで成果が出るようになる」って一文を見たから。単純ですよね(笑)。でも、あの頃は藁にもすがる思いでした。

3カ月間、1週間に3本コツコツと動画を投稿し続けると、本当に少しずつですが再生回数やチャンネル登録者数が増え始めたんです。最初に手応えを感じたのは、19年1月に公開した『【キャンプ料理】ソロ女子キャンパーの山ごはん 登山編【冬キャンプ】』という、雪山の山頂でオムレツやパスタを作って食べる動画。これが話題になってYouTubeの「おすすめ」欄に掲載されるようになり、他の動画の再生回数も増えていきました。

YouTubeの楽しいところは、結果が数字として目に見えるところ。孤独でつらい日々だったけれど、「続けてきて良かった」と心から思えるようになりました。