さまざまな選択を求められる日々の中で、少しくらい「いつも同じもの」があっても困らないはず。むしろ、変わらないことにホッと一息つけるかもしれないですよ。

変化を求めることをやめた人たちに、fumumu取材班が話を聞いてきました。

①朝食を固定

「毎日の朝食を同じものにしてから、朝のストレスがグッと減りました。それまでは、なにを食べるか起きてから考えていたんです。眠いし起きたばかりで食欲はないしで、考えること自体が億劫になっていたんですよね。

そこまで朝食にこだわるタイプではないので、ここ1年はずっとバターを塗った食パン一枚&ヨーグルトのセットです。献立を考える必要がないから、寝起きのまだ働かない頭でも朝食の用意がサッとできて楽ですよ」(20代・女性)

②服をローテーション

「最近は、会社に出勤するときの服を曜日ごとのローテーションにしています。曜日ごとのコーディネートを決めておけば、決まった服をパッと着るだけでOKです。

忙しい朝に服を悩んで遅刻しそうになることも、家を出たあとでコーディネートがちぐはぐだと気づいてテンションが落ちることもなくなって、すごく過ごしやすくなりました!

おしゃれをしたいなら、服装規定がない休みの日に思い切り楽しめばいいから。まだしばらくは、服のローテーションを続けていきたいと思っています」(30代・女性)