ホテル『メズム東京、オートグラフ コレクション』から、劇団四季の人気ミュージカル『オペラ座の怪人』の世界をイメージしたランチ&ディナープログラムが登場!
ホテル16階のフレンチレストラン「シェフズ・シアター」にて販売されますよ。
2021年9月13日(月)~2022年1月10日(月)千秋楽までの期間限定。
2021年9月6日(月)より販売開始です♪

『オペラ座の怪人』ランチ&ディナー

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

オペラ座の地下に棲む怪人の歌姫クリスティーヌへの悲恋を描いた劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』。
そんな大人気ミュージカルとのコラボレーション第二弾!
『オペラ座の怪人』ランチ&ディナープログラムが登場します♡
ランチが舞台の第一幕、ディナーが第二幕の2部構成となっているんだそう!
ランチプログラムでは、物語の幕開けから、嫉妬に狂った怪人がシャンデリアを舞台に突き落とす衝撃的な事件までの第一幕を。
ディナープログラムでは、仮面舞踏会のシーンから物語の結末までの第二幕をフレンチで表現しています。
一品一品が、劇中の舞台美術や物語のワンシーンを想像させ楽しそう♪
また、『オペラ座の怪人』をテーマにした楽曲とともにお楽しみいただけますよ。

より『オペラ座の怪人』の世界に浸りたい方は、宿泊プランも!!
こちらのプランでは、ランチプログラムを楽しみながらチェックインが可能。
夜にはディナープログラム、翌日は物語の舞台となった19世紀パリの伝統菓子とドリンクをお部屋で楽しめますよ♡
13時のレイトチェックアウト特典つきだから、その後ミュージカルを観劇するのもいいですね◎
劇団四季とメズム東京のコラボレーションでぜひ、特別なひとときをお過ごしください。

ランチプログラムのお料理

【アミューズブッシュ】Memories Come Back -蘇る記憶-

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

■シーン
1905年のパリ・オペラ座。
舞台上では劇場の所有物がオークションにかけられ、出品されたシャンデリアのヴェールが取り払われたその時、
突如まばゆく輝き出し、『オペラ座の怪人』の物語が幕を開けるシーン。

■料理
黄金色に輝くシャンデリアの光を表現した一品。
バニラの風味のオマールや、百合根と根セロリのサラダがカクテルグラスに盛り込みまれています。
その上に百合根のムースが乗っていますよ!

■ペアリング
・ワイン(ボッテガ ゴールド)
スパークリングワイン。
シャンデリアのようなゴールドボトルが物語を想像させます。
リンゴ、洋ナシ、バナナといったフルーツと藤の花やアカシアのような甘い香りと
ミネラルとキレのあるバランスの取れた味わいが特徴です!
・モクテル
フランス産ノンアルコールシードルをベースに、ジンシャーやレモンの風味を加えたモクテル。
物語の幕開けにふさわしい刺激的な香りが楽しめます♪

【前菜】Hannibal -歌劇ハンニバル-

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

■シーン
新作オペラ『ハンニバル』の舞台稽古中、謎めいた出来事が起こります。
そして、支配人たちの無策ぶりに腹を立てたプリマ・ドンナのカルロッタが、役を降りてしまうシーン。

■料理
「ハンニバル」の舞台稽古シーンを表現した一品。
脂がのった信州サーモンを塩・砂糖でマリネしオリーブオイルでコンフィしています。
周囲に添えられた色とりどりの季節野菜が華やか・・・♡
白ワイン、ブドウジュース、シャルドネヴィネガーと、
“ハーブの女王”ベルベーヌオイルが織りなすソースと共にいただきましょう。

■ペアリング
・ワイン(ミュスカ セック ド ケリビア)
チュニジアの白ワインをチョイス!
これは、ハンニバルがローマ帝国からの攻撃を受けて
自国カルタゴ(現在の北アフリカ・チュニジア)に凱旋するシーンにちなんでいます。
洋ナシやカリン、ジャスミンの上品な香りが特徴です。
すっきりと飲みやすく料理との相性も抜群◎
・モクテル
豊潤な果実味のマスカットジュースに、カモミールを合わせたドリンク。
ブドウジュースを使用したソースとの相性がとっても良い。

【肉料理】Angel of Music -音楽の天使-

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

■シーン
クリスティーヌは抜擢されたプリマ・ドンナの代役を、見事な歌唱力で演じ喝采を浴びます。
観劇に来ていた幼なじみのラウル・シャニュイ子爵が
舞台後のクリスティーヌの楽屋を訪れ、二人が運命的な再会を果たすシーン。

■料理
クリスティーヌの楽屋をイメージした一皿です。
物語のドラマティックな展開を表現しています♡
ジューシーな仔羊のローストとヘーゼルナッツ風味のクルート焼きに、
ゴルゴンゾーラで風味付けしたソースを添えて。
小玉葱や銀杏、キノコなどの秋の食材やアンディーブからは、楽屋の雰囲気が感じられます!
仮面を模した装飾が「オペラ座の怪人」の登場を予感させますね。

■ペアリング
・ワイン(モンテス アルファ スペシャル キュヴェ カベルネ ソーヴィニヨン)
漆黒のボトルに天使のエチケットが目を引くチリ産赤ワイン。
仔羊に負けない骨太なカベルネソーヴィニヨンや余韻の長いタンニンと、
カシスやブラックベリー、バニラの香りがマッチ◎
パワフルかつ上品な口当たりで優美な印象が続き、クリスティーヌの美しくも力強い歌声のようです。
・モクテル
赤ブドウジュースのジューシーさが仔羊の旨味を引き出す、すっきりとした味わいとほのかな渋みが特徴。
チャイのシナモンの香りがゴルゴンゾーラとよく合います。

【魚料理】The Phantom of the Opera -オペラ座の怪人-

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

■シーン
クリスティーヌの才能を見初めて密かに歌のレッスンをしていた「オペラ座の怪人」。
彼女の楽屋の鏡の中に現れると地底深くの隠れ家へいざないます。
ミュージカルを象徴するアンドリュー・ロイド=ウェバーの荘厳なメロディーと、
神秘的な地底湖にクリスティーヌの歌声がこだますシーン。

■料理
二人を乗せ湖を移動するボートを白身魚のすり身で表現。
ボートのオールは薄くスライスしたイカ墨パンにタップナードを挟み焼きにして表現しています。
濃厚なムール貝のジュを使用したクリームソースをたっぷりと絡めて食べてくださいね♡

■ペアリング
・ワイン(モーゼルランド セント ミハエル リースリング)
オペラ座の地下にある神秘的な湖をイメージしたドイツ産白ワイン。
ジャスミンやライラックのようなフローラルな香りと心地よい甘み、
爽やかな果実味とデリケートな酸味が特徴です。
フルーティな余韻が楽しめるやさしい白ワインになっています。
・モクテル
爽やかな甘みのマスカットに、爽快感のあるミントを加えたドリンク。
ブルーキュラソーシロップで青白く光る地底湖を表現しています!

【デザート】Phantom’s Indignation -ファントムの怒り-

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

■シーン
ラウルとクリスティーヌの親密な関係に深い哀しみと絶望を感じる怪人。
裏切ったクリスティーヌに怒りを爆発させた怪人が、公演中の舞台にシャンデリアを突き落とすシーン。

■料理
濃厚で甘いマロンクリームと程良い酸味のヨーグルトパルフェ♡
さらに甘酸っぱいカシスソースがおいしいです。
このパルフェはオペラ座のシャンデリアを表現しています。
お皿いっぱいに敷かれたキャラメルソースの上には、ザクっとした食感の
クラッシュマロンとクラッシュキャンディーが!
上から崩して食べることで、シャンデリアの落下の衝撃を体感できますよ。

オペラ座の怪人,ランチ&ディナープログラム
(画像=MASHUPより引用)

こちらは「クリスティーヌの楽屋」をテーマにしたコンセプトルームです。