なにをやりたいかわからずに、毎日がつまらないと思っている人もいるかもしれません。人生を歩む上で、できるならばなにかやりがいは持っておきたいものです。

「やりたいことがわからない」4割も

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、自分のやりたいことがわからないか、調査を実施しました。

友達の趣味に付き合って… やりたいことがわからないときにしてみた行動
(画像=『fumumu』より引用)

「わからない」と答えた人は、全体で42.2%。

fumumu取材班は女性達に、やりたいことがわからないときにしてみた行動について話を聞きました。

①友達の趣味に付き合う

「私にはとくに趣味と呼べるものがないために、『このままではいけない』と思っていました。なにか夢中になれるものがほしいと思って、とりあえず友達からおすすめの趣味を教えてもらったんです。

映画からボルダリングまで、幅広いものを友達と一緒に楽しみました。まだ自分が好きなものは見つかっていませんが、とにかく行動してみることの大切さを実感したことは大きな収穫です。

これからも少しでも興味を持ったものには、手を出してみようと思っています」(20代・女性)