男性からモテモテな小悪魔女子。ちょっとヤキモキもするけれど、恋の駆け引き上手だったり、男を惹きよせる魅力が高いこともたしか。どうすれば気になる男性をゲットできる?そして相手から追わせるテクニックは?小悪魔女子がやっているモテ技を紹介。

【はじめに】小悪魔女子とは?

小悪魔女子ってどんな意味でしょうか。 やっぱりお騒がせな有名人にもあるように、小悪魔女子というと、気が強くてワガママで男を手玉に取るようなイメージがあります。

でもなぜか、小悪魔なのに男性を翻弄させてしまう魅力があることもたしか! そう、小悪魔な女子は、男性にうまく甘えて困らせてしまう…その困ってしまっている男性の様子を見て、楽しんでしまうような所もあるのが大きな特徴ですね。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

そして、小悪魔女子は、いつも男性を振り回してしまいます。 男性は、ちょっと扱いにくそうなことはわかっていて、やっぱりそんな小悪魔女子のために尽くしてしまうのです。

ある意味、女子からは反感を買ってしまうこともあるけれど、モテる女子なことは否めませんね。 でも、なぜこんなにも小悪魔女子はモテモテなのでしょう? モテる女子になれるそのテクニックとは?

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

小悪魔女子はなぜモテる?

男性がいつのまにか群がってしまう小悪魔女子は、なぜそんなに魅力的なのでしょう? もちろん、男性受けするようなファッションやメイクなど、女子力が高いことも特徴的。

そして、小悪魔女子の言うワガママがなぜか可愛く思えてしまう、猫のような感じがあります。 男性からしてみたら、そんな可愛い女子から頼られたりすると、本能的にワガママと感じるよりも、むしろ嬉しい!から、小悪魔女子が魅力的に映ってしまうのでしょう。 これは男性特有の性質でもある以上、仕方ありませんよね。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

また、女子から反感を買うのは、その女子がうまく男性に甘えられないから?なのかもしれませんよ。 モテる女子というのは、やはり甘え上手。

どうにかしてテクニックを使いながら、思い通りにしてしまうのが小悪魔女子。 そこで、小悪魔女子の魅力や特徴7つをあげてみますね。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

小悪魔女子の特徴①できないふり?

小悪魔女子は、とっても甘え上手。でも、ちょっと計算高い?のが特徴的かもしれません。 「できる風の女子」だと、自分で何でもやってのけてしまうところを、小悪魔女子は、本当はできても、あえてできないふりをします。

ことに男性を前にすると「できないアピール」をして相手を惹き寄せますね。 これが、男性のプライドをくすぐる所で、魅力的なのでしょう。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

そして、小悪魔女子は、自分の手は汚さないテクニックを使います。 それでもウマイのが、相手をおだてて持ち上げてしまうこと。

ある意味、小悪魔女子というのは、頭を使っているということかもしれません。 女子から見たら、結局は計算?と半分バレてしまう場合も…。

でも、そこは魅力的なモテる女子。そんな批判も構わずに、賢く立ち回ってしまうのが特徴ですね。 小悪魔女子は、きっと男性からの好かれ方を心得ているのでしょう。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

小悪魔女子の特徴②誰とでも話す

小悪魔女子が魅力的なのは、分け隔てなく誰とでも話してしまうところにあります。 そして誰にでも優しく振る舞うのも特徴の一つ。

例えば、小悪魔女子がある男性と楽しそうに話している時、「俺のことが好きなのかな?」と一瞬勘違いしてしまいそうだったところが、他の男性とも同じように楽しそうに話している…

男性からすると、ちょっと焦りを感じるのかもしれません。 いったい、小悪魔女子は誰のことが好きなのかが、全然わからなくて、気になるばかり。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)

これは、ある意味、夜のお姉さん系の仕事をしている人と、特徴が近いかもしれませんね。 彼女たちこそ、まさにモテる女子・小悪魔女子テクニックの達人では?

そう、小悪魔女子がモテモテなのは、男性を飽きさせず、ちょっと物足りないかなという程度に接しているからでしょう。

小悪魔女子の特徴7つ!小悪魔になって男を翻弄させるテクニック!
(画像=『Lovely』より引用)