季節の変わり目に起こりやすい、カサつきや吹き出物などの肌トラブル。その原因は、ゆらぎ肌かもしれません。ゆらぎ肌とは、大きな気温の変化や花粉などの外部刺激に対応できず、肌が敏感になっている状態です。この記事では、ゆらぎ肌の原因やなりやすい時期、症状別の対処方法、基礎化粧品選びのポイントなどを詳しく紹介します。

ゆらぎ肌の基礎知識

季節の変わり目には【ゆらぎ肌】対策を。スキンケアや化粧品選びのポイント
(画像=『Lovely』より引用)

カサカサ、ヒリヒリ、ブツブツなど、肌の状態があまり良くない時は、ゆらぎ肌になっているのかもしれません。ゆらぎ肌とはどのような状態なのか、原因やなりやすい時期など、それぞれ詳しく紹介します。

ゆらぎ肌とは?

肌は古い角質と新しい細胞が常に入れ替わり、同じ状態を保っています。つまり、肌は常にゆらいでいると言えます。ゆらぐことで紫外線や外気などの外的刺激をしなやかに受け止め、肌は守られているのです。ですが、ゆらぎのバランスはさまざまな原因で崩れやすいもの。それによって肌が弱くなってしまい、刺激を受けやすくなった状態がゆらぎ肌です。

ゆらぎ肌は、肌の状態が不安定になっているため、紫外線や外気だけでなく、毎日使っているスキンケア用品などにも反応し、カサつきやピリピリ感などが生じます。特に季節の変わり目は肌の状態が不安定になりやすいので、肌のカサつきや湿疹、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすい状態になってしまいます。

ゆらぎ肌の原因

ゆらぎ肌を引き起こすのは、外的環境の変化やストレスなど多岐にわたります。

①ターンオーバーの乱れ
古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わることを肌のターンオーバーと呼びます。栄養不足や睡眠不足などでターンオーバーが乱れると、肌のコンディションにも影響が生じます。

②ストレス
過度なストレスは自律神経の働きを乱し、心と体に大きな影響を与えます。ニキビや乾燥などの肌トラブルを引き起こして、ゆらぎ肌になってしまうことも。

➂外的環境
空気の乾燥や冷暖房による温度差、花粉、紫外線などの外的環境も肌に影響を与えます。外的環境が肌にダメージを与え、ゆらぎ肌を引き起こす一因になってしまいます。

④ホルモンバランス
女性の場合、生理周期によってホルモンバランスが変化します。これも肌に影響を与えるため、ゆらぎ肌になりやすくなります。

ゆらぎ肌になりやすい時期

季節の変わり目には【ゆらぎ肌】対策を。スキンケアや化粧品選びのポイント
(画像=『Lovely』より引用)

ゆらぎ肌の一因として、肌のバリア機能の低下が挙げられます。そのため、自律神経やホルモンバランスが崩れやすい季節の変わり目は、ゆらぎ肌になりやすい時期とも言えるでしょう。

春は気温差が大きく、スギなどの花粉が飛び交う季節です。さらに子どもの入学や異動など、生活環境の変化でストレスを受けやすい時期でもあるので、ゆらぎ肌になりやすい季節と考えられています。

また、秋も注意が必要です。夏の紫外線やエアコンによる乾燥など、多くのダメージが蓄積した肌は、秋の気温差に対応できずトラブルを起こしやすくなっています。秋はイネ科やキク科などの花粉が飛ぶ季節でもあるため、刺激を受けることでかゆみやカサつきなどの肌トラブルが起こることがあります。