近年、女性を狙った卑劣な盗撮の被害が増えています。

警察庁の統計によると、2010年の盗撮事件の検挙件数は1741件。これが2019年には、2倍以上の3953件にまで膨れ上がっているのです。

 盗撮はどのような場所で、どのような方法で行われるのか。また、どのような人間が犯行を行なっているのか。9月2日に新刊『盗撮をやめられない男たち』を出版した斉藤章佳氏(大船榎本クリニック精神保健福祉部長)が解説します(以下、『盗撮をやめられない男たち』より抜粋、再編集)。

スマホの「無音アプリ」で盗撮を行う

卑劣な「盗撮」多発スポットとは?加害者の“驚くほど普通”な素顔
(画像=『女子SPA!』より引用)

警察庁発表の「犯行供用物別の検挙件数」によると、2019年に検挙された盗撮事犯3953件のうち、実に2871件が「スマートフォン」(以下、スマホ)によるものでした。盗撮に 使われる機器は、全体の72%をスマホが占めているのです。次に多いのは「小型(秘匿型)カメラ」、その次に「カメラ付き携帯電話」「デジタルカメラ」と続きます。このカメラ付き携帯電話は、いわゆるガラケーといっていいでしょう。

 年ごとに数字を追っていくと、時代の流れとともにスマホの割合が増加していることがわかります。逆にカメラ付き携帯電話やビデオカメラの数は減少傾向にあります。これは、世間のスマホの普及率や携帯電話市場の変化と連動していると考えられます。

 さらに、当クリニックで治療する盗撮加害者521人への調査でも、「盗撮方法」はスマホが69%で全体の7割を占めています。そしてスマホで盗撮した人の約90%は「無音アプリ」を使用していることが明らかになりました。

 ちなみに治療プログラムを始めた15年前は、のぞきがきっかけで治療に訪れる人も一定の割合でいましたが、近年はかなり減少傾向にあります。以前ならのぞき行為に耽溺していた人たちが、スマホでの盗撮に流れてきているからと考えられます。