整理収納コンサルタントのともよです。お片付けサポートにお伺いして「理想の暮らしは?」とお客様に聞くと、皆さま口を揃えて「スッキリ暮らしたい!」と話してくださいます。「スッキリ暮らす」とは、実際にイメージすると、どのような光景が浮かびますか?スッキリという言葉を辞書で調べると「よけいなものがない」「さっぱり」「気持ちのよい」というワードが載っていました。つまり、スッキリ暮らすとは「生活感のある物が表に出ていなくて、視覚的にスッキリしていて気持ちのよい状態」ではないでしょうか。では具体的にどうしたらよいか、今回はスッキリ暮らすための簡単2ステップを紹介します。

表に出ている物をしまい込む前に

すぐ出来る!整理収納コンサルタントが教える「スッキリ暮らす」を叶える簡単2ステップ
(画像=michillより引用)

さぁ片付けよう!と思い立った時、表に出ている物から手を付けていませんか?

テーブルに出ている本やリモコン、使ってそのままのペン、脱ぎ捨てたパジャマ、床に置いたカバン…散らかっているように見える物というのは、普段よく使っているから表に出ているのです。

先に片付けるべきは、棚や引き出しの中です。(床置きの物が多く、出す場所がない場合は別です。)

表に出ている物をしまうため、棚の中や引き出しを開けたら中身がいっぱいになっていて、すきまに押し込んで隠したり、とりあえず詰めるだけの片付けになっていることってありませんか?

逆に、割と片付いてるかなと感じる場合もあるかと思いますが、ここを片付けてみると

・使っていない不要な物が紛れている
・文房具や日用品、お薬、書類など、さまざまな種類の物が混ざっている
・しまう場所が明確に決まっていないために、同じ種類のものがあちこちから出てくる
・空間を使いこなせていない

という場合が多く見られます。思い切って棚や引き出しの中身を出して片付けましょう。

ステップ①分ける

すぐ出来る!整理収納コンサルタントが教える「スッキリ暮らす」を叶える簡単2ステップ
(画像=michillより引用)

棚や引き出しの中身を出して、「使っている物」と「使っていない物」を分けます。

「使っていない物」は処分、売る、譲る、寄付するなどして手放します。使っていない物を棚から出して空間が空けば、表に出ている物をしまう場所が出来ます。

ここまでが時間がかかると思いますが、それが終わったら仕上げです。