首のシワは乾燥やたるみ、姿勢の悪さなどが原因で発生したり、深くなったりしてしまいます。顔と同じようにスキンケアを取り入れ、マッサージするとシワの改善が期待できるでしょう。本記事では、首のシワができる原因や対処法の他、効果的なスキンケアやマッサージ、首のシワを目立たなくする方法を解説します。

気になる首のシワを見つけたら?原因や対処法、目立たなくするケア法を解説
(画像=『Lovely』より引用)

監修者:日本化粧品検定1級•コスメコンシェルジュ 中村(曲尾)光世
WEBメディアプロデューサー、編集者•美容ライター。元国内大手化粧品メーカー宣伝部員。過酷なサッカー少年ママライフを支える時短スキンケアとエイジングケアが得意分野。

首のシワができる原因

気になる首のシワを見つけたら?原因や対処法、目立たなくするケア法を解説
(画像=『Lovely』より引用)

首のシワは、皮膚の状態や姿勢が大きく影響しています。まずは、首にシワができる大きな原因としてよく見られるものを解説していきます。

皮膚の乾燥

首の皮膚は身体の中でも薄く、乾燥しやすいパーツです。また、それと同時に汗をかきやすい場所でもあります。汗が皮膚の水分を奪って、乾燥を助長してしまうといったケースも少なくありません。首の皮膚が乾燥することによりハリが失われ、しぼんだようになって結果的に細かいシワができやすくなってしまいます。

たるみによる弾力低下

人は年齢を重ねると、徐々に新陳代謝が低下していきます。新陳代謝が低下すると、肌の弾力を保つコラーゲンの量が次第に減少。体内のコラーゲンが不足すると肌の水分が失われ、たるみやシワにつながります。
また、フェイスラインの筋肉が衰えることも、首にたるみやシワをつくる大きな原因です。

前かがみ・下向きの姿勢

人の皮膚は、形状記憶をする傾向にあります。首の皮膚も同様で、下を向く姿勢が長時間続くと、畳まれた状態で形状記憶され、シワが深くなってしまいます。スマートフォンを見る時に下を向いている、または猫背やあごを引きすぎているなど、姿勢は首に大きな影響を与えるので注意が必要です。
また、枕が高すぎる場合も首のシワを招いてしまいます。シワだけではなく、首が凝って不調を引き起こしてしまうかもしれません。

首のシワができた時の対処法

気になる首のシワを見つけたら?原因や対処法、目立たなくするケア法を解説
(画像=『Lovely』より引用)

首にできてしまったシワは、日常的なケアで目立たなくできます。ここからは、首のシワを増やさず、深くさせない対処法を解説していきます。

首の保湿をする

先述したように、首は乾燥しやすいパーツです。そのため、顔と同じようにスキンケアを行って保湿する必要があります。
朝昼夜と入念に保湿を行い、スペシャルケアとしてパックを取り入れるのが理想的。皮膚にうるおいをしっかりと与えると、首のシワが徐々に目立たなくなってきます。さらにスキンケアにマッサージを加えると、シワ伸ばしとたるみのリフトアップに効果が見られます。
何より重要なのは、毎日続けることです。毎日のスキンケアを顔から首までと思って、フェイスケアの中に取り込んでしまうのが一番手軽で効果的と言えるでしょう。

紫外線対策を入念にする

紫外線は肌のハリをつくるコラーゲンの働きを弱くすると言われています。コラーゲンの減少や働きの低下は乾燥につながるため、首にも紫外線対策が必要です。
顔と同様に日焼け止めを塗り、紫外線から首を守ってあげましょう。こちらもフェイスケアの際に首まで伸ばすようにすると塗り忘れを防げます。また、晴れの日だけではなく、曇りの日にも紫外線対策は必須です。
こちらの記事では紫外線について詳しく解説しています。

生活習慣を見直す

生活習慣を見直すだけでも、首のシワ対策になります。高すぎる枕はあごを引いた状態になり、シワの原因となるので一度枕の高さをチェックしてみてください。
とはいえ、低すぎる枕は眠りが浅くなってしまう恐れがあります。枕の高さは、3センチ~5センチ程度が適切と言われています。立っている時のように、頭から背中が真っ直ぐになっているのが理想的な寝方です。正しい姿勢で眠るのは、首のシワだけではなく、質の良い眠りにもつながるでしょう。
また、起きている時に姿勢を正しく保つのも大切なポイントです。首にとって猫背は厳禁。背筋を伸ばし、肩を下げて頭頂部が真上にくる美しい姿勢を意識してください。最近はスマホによるストレートネックや首のシワ、顔のたるみが多く見られます。スマホを見る時は目の高さに合わせることが、首のシワの予防として効果的です。