腸内環境を整えてくれる食材として知られるヨーグルト。実はパックに使うと肌の調子を良くしてくれることでも話題になっています。この記事では、ヨーグルトを使ったパックの効果や基本的なやり方、パックをする時の注意点などを詳しく紹介します。また、ヨーグルト以外の食材を使ったパックも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

腸内環境を整えてくれる食材として知られるヨーグルト。実はパックに使うと肌の調子を良くしてくれることでも話題になっています。この記事では、ヨーグルトを使ったパックの効果や基本的なやり方、パックをする時の注意点などを詳しく紹介します。また、ヨーグルト以外の食材を使ったパックも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美肌効果で話題のヨーグルトパックとは?

話題のヨーグルトパックで肌の調子を底上げする。その効果・やり方は?
(画像=『Lovely』より引用)

腸の働きを良くしてくれるヨーグルトは、パックに使うとざらつきやくすみなどの肌トラブルを解消してくれると話題に。ここでは、ヨーグルトパックについて、その魅力を紹介します。

ヨーグルトパックとは

ヨーグルトパックとは、無糖のヨーグルトを使って行うパックのことです。市販の無糖ヨーグルト、はちみつや小麦粉など、低価格で手に入りやすい材料を使ってできるセルフケアとして人気です。肌の乾燥を抑えたり、くすみをはらったりなど、肌に良い効果があることで話題となっています。

ヨーグルトパックの魅力

ヨーグルトには、ピーリング作用があるアルファヒドロキシ酸(AHA)という乳酸が含まれています。また、ヨーグルトから出るホエーにはアミノ酸が豊富に含まれていて、シミの原因となるメラニンの生成に関係するチロシナーゼの活性化を防ぐ働きがあります。
そのためヨーグルトパックは、AHAとホエーの相乗効果で、肌に負担をかけずに古くなった角質を取り除き、くすみのない、透明感のある健康な肌へと導いてくれるでしょう。
また、ヨーグルトには乳酸菌も含まれているため、雑菌の繁殖を防いだり、肌荒れやニキビを予防したりといった効果も期待できます。

ヨーグルトパックの注意点

話題のヨーグルトパックで肌の調子を底上げする。その効果・やり方は?
(画像=『Lovely』より引用)

美肌に導いてくれるヨーグルトパックですが、その効果を発揮するためには注意しなければならない点があります。ここでは、ヨーグルトパックをする時の注意点を紹介します。

無糖のヨーグルトを使う

ヨーグルトにはさまざまな種類がありますが、パックに使う際は必ず無糖タイプを選びましょう。加糖タイプは添加物が刺激となって、肌荒れを起こす可能性があります。

アレルギー反応に気をつける

ヨーグルトパックには、特定原材料7品目である「乳」「小麦」が含まれているため、アレルギーのある人は特に注意してください。
肌が弱い人はヨーグルトが刺激となる可能性もあるため、パッチテストを行うようにしましょう。腕の内側など、肌のやわらかい部分にパックを少量塗り、10分ほど放置して問題がないか確認します。赤みやかゆみが出た場合は、すぐに使用を中止してくださいね。

賞味期限切れのヨーグルトは使わない

パックだからといって、賞味期限の切れたヨーグルトは使わないようにしましょう。開封したヨーグルトは雑菌が繁殖している可能性があるため、トラブルを引き起こす場合もあります。パックと食用の両方に使うために、大きめサイズを購入するのも良いですが、賞味期限のチェックは欠かさないようにしてください。

1回分ずつ使い切る

ヨーグルトパックは食品を使っているため、1回分ずつの使い切りです。使いまわしや作り置きは傷みやすく、衛生的にも良くありません。少し面倒でも1回分ずつ作るようにしましょう。

脂性肌の人は部分使いをする

脂性肌の人がヨーグルトパックをすると、顔全体がテカった印象になることがあります。そのため、パックをする時は顔全体ではなく、シミやくすみの気になる場所だけに使いましょう。