靴は毎日履くもので、消耗品ともいえますが、お気に入りの靴はできれば長く履き続けたいものですよね。そこできちんとケアをすることが大切ですが、靴を脱いだ後にシューキーパーを使うだけでいつまでもキレイな形を保つことができるのです。今回はそのシューキーパーについてご紹介していきます。

シューキーパーとは?

シューキーパーを100均で買える?ダイソー・セリア・キャンドゥ製を比較
(画像=『Lovely』より引用)

シューキーパーってご存じですか?シューキーパーとは靴の中に入れて使う、靴の形をきれいにキープできる足の形をした器具のことです。素材は木製とプラスチック製があり、木製のシューキーパーはシューツリーとも呼ばれています。

またシューキーパーは、つま先部分とかかと部分で分かれていて、バネ式とネジ式とがあります。それぞれに特徴があり、持っている靴にピッタリなものを選ぶといいでしょう。

今回は、そんなシューキーパーを100均で買う場合、各ブランドごとの特徴をご紹介します。ぜひシューキーパー選びの参考にしてくださいね。

シューキーパーの役割

蒸れやすい夏の足元。湿気に耐える革靴には、吸湿性抜群のブナ製シューキーパーで休足させてあげましょう。投稿者:藤巻百貨店 シューキーパーは、履いていないときの靴の形をきれいなままにキープしてくれます。また履くとできるシワを伸ばし、元の状態に戻してくれるのです。

もしそのシワをそのままにしておけば、シワは深くなりそこから靴本来の形が崩れてしまいます。これがシューキーパーの最大の役割といえるでしょう。

また木製のシューキーパーは湿気を吸収し、防菌効果もあります。大切な靴をいつまでも履き続けるためには、シューキーパーはなくてはならないものなのです。

シューキーパーの平均的な価格

シューキーパーには木製とプラスチック製があります。木製は使われている素材によって価格が変わってきます。平均的な価格は、木製では500円~30,000円まであります。プラスチック製となると、100円~2,000円前後でしょう。

ドイツの「コロニル」は創業100年を誇るシューズケアのブランドです。アロマティックシーダー(芳香西洋杉)製のシューキーパーは天然の芳香の他、防虫・防臭効果もあります。価格は4,200円~です。またプラスチック製は1,600円~となっています。

無印良品ではネジ式の木製で約5,000円ほど。コストコでは木製なのに約1,500円です。もちろん防湿・防臭効果もあります。

プラスチック製なら、アイリスオーヤマで300円台で買えます。このシューキーパーには抗菌剤(Ag+)が素材に練り込まれているので、雑菌が増えるのを抑えてくれます。

IKEAのシューキーパーは約900円です。防湿・防臭などの効果はありませんが、シワを伸ばしたいのなら十分でしょう。

100均のシューキーパー【ダイソー編】

ここからは、ダイソーのシューキーパーについてご紹介していきます。ダイソーのシューキーパーは木製です。男性用と女性用の2種類あります。

木製シューキーパー女性用

女性用のシューキーパーは、22㎝~24.5㎝となっています。木製のバネ式です。しかし1個150円ですので、1足分は2個買う必要があります。それでも300円ちょっとなので、リーズナブルには変わりありません。

強力なバネだと好評ですが、入れっぱなしにいておくと靴が広がる可能性があるので、入れても1晩くらいにしておきましょう。

木製シューキーパー男性用

男性用のサイズは、24.5㎝~28㎝となっています。もちろんスニーカーにも使えますよ。甲の部分がきれいな形となっているので、革靴のシワを伸ばし、形もキレイに整えてくれます。

同じくバネが強力なのと、形が丸くなっているので、かかとの形が変わることもあるので注意しましょう。あて布をする、スポンジを挟むなど工夫するといいかもしれません。