酒乱の治し方!どうすればいい?

酒乱の原因と治し方!酒乱の人の特徴と対処法も解説!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

酒乱の治し方は、まずは、自分が酒乱であるということを認識することから始めなければなりません。

酒乱の人の多くは、自分が酒乱かもしれないと思いつつ、そんなはずはないと、否定しているところがあるので、回りの人に動画を撮ってもらうなどして、酒乱であることを認識しましょう。認識することが、一番効果のある治し方です。

お酒を飲む量をコントロールしよう!

まずは、お酒を飲む量をコントロールするようにしましょう。酒乱になる人は、お酒に強い人なので、ついつい飲み過ぎてしまいます。少し酔ってきたかな?ぐらいで、飲むのは止めるようにしましょう。

もっと飲みたいという気持ちが起こったら、酒乱で周りの人の信頼を失っていく未来を思い描いてみてください。酒乱で失敗を繰り返し、大切な人を失ってしまうのですか?

普段はのあなたなら、それはしてはいけないことだと分かるはず。脳が麻痺する前に、ノンアルコールに切り替えましょう。

酒乱の結末を知ろう

最近は、女性でも酒乱の人が増えたと言われています。それは、昔と違って、バリバリ仕事をする女性が増加し、それだけストレスをため込んでいるからでしょう。

お酒が強い人は、女性でもストレスを解消するためにお酒に逃げ込みやすいですよね。それが、酒乱の大きな原因であることを認識しましょう。

酒乱になると、回りの人に迷惑をかけるだけではなく、信用も失います。そうなると、仕事にも差し支えることが起こってきますので、酒乱を避けたいなら、お酒を飲まないことです。これが究極の、酒乱の治し方と言って良いでしょう。

少しだけと思っても、ついつい飲み過ぎてしまうので、いっそのこと飲まないようにする治し方の方が確実に酒乱を抑えることができます。

酒乱の人は、お酒が好きで、しかも強いですが、アルコール依存症の病気ではないので、お酒も飲まないでいられるはずです。

どうしてもお酒が止められないというなら、それは病気かもしれませんので、病院で受診した方が良いですね。

特に、ひどい酒乱の人、人を殴ったり、物を壊すといった行動をとってしまう人は、そのままだと家族や友人も失くします。

酒乱を続けるということは、大切な人を失うということを意味しているということを理解して、早めの断酒をおすすめします。