酒乱で困っている人、酒乱に困らされている人で、どうしていいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?多くの人は、「酒乱は性格だから治らない」と思っているかもしれませんが、実はそうとは限らないんです。酒乱になってしまう人の特徴、原因、治し方、対処法についてまとめましたので、参考にしてみてください。

私って、あの人って…もしかして酒乱??

酒乱の原因と治し方!酒乱の人の特徴と対処法も解説!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

酒乱の人の大きな特徴として、よく言われるのが、普段はとても良い人だということ。勿論そうではない人もいますが、普段は温厚でとても優しく、話しやすい人なのに、お酒を飲むと人が変わってしまうという話はよくあります。

でも、お酒を飲みすぎると、その性格が悪い方向に変貌するのです。女性で酒乱の人も珍しくありません。

ちなみに、あなたはお酒を飲んで記憶が無くした経験はありませんか?次の日、周りの人たちの態度が何だかおかしく感じたら、もしかするとあなたは酒乱の可能性があるかもしれません…!

酒乱の人は、自分では気がついていない場合が多いようです。でも、酒乱の人はお酒を飲むと、回りの人に多大な迷惑をかけることになるので、実生活で嫌われ者になってしまうことも…。

「自分はもしかしたら酒乱?」と思っている人は、嫌われる前に、これからお話しする酒乱の特徴や原因、対処法をよく読んで、何とか改善していきましょう。

酒乱の人のタイプとその特徴は?段階レベル別に解説!

酒乱の原因と治し方!酒乱の人の特徴と対処法も解説!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

酒乱の意味は、辞書で調べると、「酒に酔ってあばれること。酒に酔うとあばれる癖」とあります。

意味は暴れることしか無いみたいに書いてありますが、それだけではなく、色々な酒乱のタイプがあります。まずは、酒乱のタイプ別の特超からお話ししていきますね。

レベル1:お説教、悪口、泣き上戸タイプ

酒乱にも色々なタイプがいますが、誰とも構わず説教を始める、周りの人の悪口を言う、泣き出すというような症状の人も酒乱の一種です。女性でも、このような症状の酒乱の人が多いですね。

暴れたりするわけではないので、まだ許容範囲の症状ですが、エスカレートしてくると、話を聞かされている人をイライラさせてしまいます。せっかくの美味しいお酒もマズくなってしまいますよね。

このような酒乱のタイプの人は、普段は温厚で明るく、他人の悪口などは公言しないような人が多いようです。心の中にため込んでいたものが、何らかの形で爆発してしまうのかもしれませんね。

レベル2:理性を失うセクハラタイプ

お酒を飲みすぎると、意味なく裸になったり、他人を触りまくったり、セクハラをしたりなど、変態的な行動してしまう症状の人も酒乱もいます。

芸能人でもお酒を飲み過ぎて、裸で街を歩いていて、警察に捕まった人がいましたね。一緒にお酒を飲んでいた人は、たまったものではないでしょう。

このような酒乱の症状の人は、普段は明るくて行動的な人、知的な人が多いというのが特徴のようです。お酒を飲み過ぎると、普段の性格からは想像もできないような変態ぶりを発揮します。お酒を飲んだことで、理性をコントロールできなくなっているのかもしれません。

レベル3:力で暴れる暴力タイプ

お酒を飲みすぎると、怒りだして攻撃的になり、回りの物を壊したり、他人を殴ったりする症状の酒乱の人もいます。酒乱の中でも最悪のタイプですね。この症状の酒乱の人は、警察の厄介になったことがあるという人が多いかもしれません。

普段はとても温厚で、どちらかというと大人しい性格の人が、このタイプの酒乱になりやすいという意見も多く、特徴のひとつと言えるかもしれませんね。

暴れてしまうことで、一緒にいた人だけでなく、店や店員さんにも迷惑をかけます。また、下手したら警察のお世話になることもあるでしょう。そうなると、家族にも多大な迷惑かけたこともあるかもしれません。早めに何とかしないと、孤独な一生を送ることになってしまうかもしれません…!