カップル、学生、社会人…肩書きはどうであれうるさい隣人っていますよね。夜中でもお構いなしにどんちゃん騒ぎをされたり歌声やいつもドンドン音がする環境はそのうちストレスになります。そんなうるさい隣人を撃退する仕返し方法をご紹介します。

隣人がうるさい!

隣人がうるさい時の仕返し方法まとめ!壁ドンより効果的!
(画像=『Lovely』より引用)

戸建てを含むアパートやマンションに住んでいると問題が出てくるのは隣人とのトラブルです。近年では引っ越してきても挨拶などをしない人もいるため、隣人にどういった人間が住んでいるのかすら分からないことがあります。

そのため、いつかどこかで何らかのトラブルが発生することも珍しくありません。そんな隣人トラブルで上位に位置するほど多い問題は「騒音」でしょう。住んでいる場所の壁が薄いとなれば尚更うるさいと感じます。

生活音程度であれば気にならないかもしれませんが、やはり時と場合にもよりますよね。生活音と言ってもその音が大きく聞こえ、且つ眠る時間などの静かに暮らす時間帯はやはりうるさいと感じてしまう人も多いでしょう。

そんな環境下で長く生活していればうるさいと思う感情から殺したいと思うほどの強烈な気持ちが湧きあがることもあります。よく見聞きするのはうるさい隣人に対して壁ドンを行い、静かにさせるという方法もありますよね。

今や定着した言葉ですが、壁ドンはされた側は当然良い気持ちにはなりません。場合によっては壁ドンが発端となり、騒音がさらに酷くなる恐れがあったり、壁ドンを仕返してくる倍返し状態になってしまうので壁ドンはあまりおすすめできません。

また、壁ドンは行う方向だけではなく、部屋の中で音が反響して関係ない隣人にまで迷惑になる可能性があります。そのため、壁ドンは安易に行わないようにしましょう。

ちょっと待って!その隣人の騒音は本当に迷惑?

隣人がうるさい時の仕返し方法まとめ!壁ドンより効果的!
(画像=『Lovely』より引用)

殺したいほどうるさい隣人が気になる瞬間は様々なものがあるでしょう。例えば夜中に大勢で集まってお酒を飲みながらどんちゃん騒ぎしていたり、隣人がバンドマンなどの場合はギターや歌声がうるさかったり…。

その中でも夜中の時間帯に大きな音で洗濯機を回すなども不快に思う人もいるかもしれませんね。生活音程度ならよほど敏感な人ではない限り気にしないかもしれませんが、殺したいほどの見方をしている隣人は高頻度で騒音を鳴らしてくるでしょう。

そんな環境での暮らしは戸建てやアパート、マンションなどの至る場所で見受けられます。あまりのうるさい音を聞き続けていれば精神的に参ってしまいますよね。

隣人がうるさいときはまず大家さんや管理会社に伝えるかもしれませんが、性格や物の受け取り方によっては相手をしてくれないこともあります。しかし、他人との距離が遠い現代社会の中で騒音を感じている側が敏感になりすぎていることも考えられます。

一人暮らしの場合は本当にその騒音は常識の範囲を超えているか分からないときもあるため、騒音アプリでどれほど大きい音がしているかを調べたり、ノートに日付と共にどういった音がするのかを記入しておきましょう。

また、録音できる場合はうるさい音を出す隣人が騒いでいるときに音を撮るなど、そういった記録もいざというときに武器となります。しかし、うるさい隣人に壁ドンをしてうるさいことを知らせる人もいますが、壁ドンだけは絶対にやめましょう。

相手の顔や素性を知らない場合は特にどんな人が暮らしているのか分かりませんよね。ヤクザといった常識が通用しない怖いタイプの人間が住んでいないとは言い切れませんので関係を最悪な状態にしないためにも壁ドンなどの直接影響を与える行為はなるべく避けて対策を講じていきましょう。

うるさい隣人の仕返し方法①同じ騒音を出す

隣人がうるさい時の仕返し方法まとめ!壁ドンより効果的!
(画像=『Lovely』より引用)

うるさい隣人を今すぐ殺したい気持ちは一旦抑えましょう。冷静に対策を講じていくことが大切ですが、あなたが家でリラックスしているときでも容赦なく騒音を出してくる場面は実際に経験したことがある人にしかその凄まじさは分からないでしょう。

しかし、高い頻度でうるさい隣人に目を瞑るのには限界がありますからそんなときはちょっとした仕返しで対抗してみるのも良いかもしれません。うるさい隣人に取れる最も簡単な仕返し方法は「隣人と同じ音を出す」ということです。

こちら側にも騒音が聞こえる壁の薄さですから、同じような音を出せば当然相手側にも音が聞こえるでしょう。「あなたが出しているのはこれほどの騒音」なのだと教えることができれば殺したいほど憎い隣人は音に気を付けるようになるかもしれません。

すぐに音が鳴りやめば殺したい気持ちも嘘のように感じられるでしょう。