一時テレビで話題になった「コーヒーダイエット」。現在ダイエット中で、コーヒーをよく飲む人の中には、せっかくならコーヒーをダイエットに活用できないかと考える人も多いでしょう。

この記事では、コーヒーで得られるダイエット効果と、効果的に痩せるための飲み方をまとめました。ダイエット中のコーヒー好きの人に、ぜひ試していただきたいおすすめ商品も合わせて紹介しています。

コーヒーはダイエットに効果的!痩せるための成分が満載

コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介
(画像=Cafendより引用)

コーヒーは眠気覚ましや集中力を高めるのに最適ですが、実はダイエット効果も得られる飲み物です。その秘密はコーヒーに含まれる以下の成分にあります。

コーヒーダイエットに効果的な成分
・カフェイン
・クロロゲン酸(ポリフェノール)

緑茶や紅茶にもカフェインやポリフェノールは含まれていますが、コーヒーはお茶の2倍の量が含まれているため、よりダイエットに効果的と言われています。

カフェインで得られるダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を燃焼させる効果があります。人間の体には「交感神経」と呼ばれる自律神経があり、自律神経が活発化することで、脂肪を消費しやすくなる体になります。

カフェインは自律神経の働きを促進する効果があるため、コーヒーを飲むことでダイエットに繋がるというわけです。またコーヒーによる利尿作用で体内の老廃物が流れやすくなり、体のむくみがなくなる効果も。

むくみは放置するとセルライトとなって脂肪に変わるため、コーヒーを飲んで老廃物のない状態を維持しておくのは、痩せる上でとても重要です。カフェインにはアドレナリンの分泌を促し、エネルギーを作る働きもあるため、運動と合わせてコーヒーを飲むことで、脂肪燃焼効果が高まります。

クロロゲン酸で得られるダイエット効果

カフェインと同時に「クロロゲン酸」と呼ばれる成分でも、ダイエット効果を得られます。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、コーヒーの匂いや色味、苦味のもととなる成分。カフェインと同じく脂肪を燃焼させる効果があり、食後体内に脂肪が吸収されるのを抑制します。

コーヒーはこれらのカフェインとクロロゲン酸の両方を摂取できるため、ダイエットに最適な飲み物というわけです。

コーヒーダイエットで痩せるための飲み方を確認

コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介
(画像=Cafendより引用)

ダイエットに効果的な成分が含まれるコーヒーですが、ただ飲むだけで痩せるわけではありません。

コーヒーダイエットで痩せるための飲み方を確認しましょう。

コーヒーダイエットはいつ飲む?コーヒーで痩せるなら食後30分が最適!

コーヒーは脂肪燃焼効果を目的としているため、食事の後に飲むのがベストタイミングです。コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸は、食事で吸収される脂質を抑制し、燃焼させる効果がメインなので、食後に摂取することで一番効果を得られるでしょう。

カフェでランチする際は、食事と一緒にコーヒーを飲むのではなく、食後にコーヒーを持ってきてもらうようにするのもおすすめですよ。カフェインやクロロゲン酸は摂取後、30分~1時間ほどで効果が発揮されるため、食後にコーヒーを飲んで30分後くらいに運動をすると最も効果を得られます。

朝コーヒーはダイエットに効果的?

朝コーヒーは、ダイエットに効果的です。

2021年に掲載された論文(参考:Journal of the International Society of Sports Nutrition)で、25歳から39歳の健康で運動能力の高い15人の男性を対象として行われた実験の結果が紹介されました。

実験に参加した人は、カフェインを含まない偽の薬または体重1kgにつき3mgのカフェインを摂取してから運動を行っています。結果を見ると、カフェインを摂取した人は摂取しなかった人よりも11%~13%多く脂肪が燃焼したことが確認されました。

午前中はもともと代謝が上がりにくいため、朝にコーヒーを飲んだ方がよりダイエット効果が期待できると考察されています。

寝ている間の身体は体温や代謝を下げて休む状態に入っていて、起きて活動しているうちにだんだんと代謝が上がり、寝ると再び下がるのが一日の流れです。代謝が上がった後でさらに代謝を上げるのは難しいため、朝低い状態の時に上げる方が効率よく代謝を上げられます。

ダイエット目的でコーヒーを飲むならばブラックコーヒー

ダイエット目的でコーヒーを飲むならば、ブラックコーヒーを選びましょう。ミルクや砂糖は血糖値を上昇させ、カフェインやクロロゲン酸の働きを阻害してしまう可能性があります。ブラックコーヒーがどうしても苦手な場合は、無脂肪・低脂肪の牛乳や低カロリーのコーヒーフレッシュを入れるのがおすすめです。

コーヒーダイエットはインスタントよりもドリップコーヒーがおすすめ

コーヒーダイエットでは、インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーを選びましょう。インスタントコーヒーでもカフェインやクロロゲン酸は摂取できますが、ハンドドリップのコーヒーよりは含有率が少ない傾向にあります。

またコーヒーダイエットは香りで自律神経を高める効果もあるため、インスタントよりも香りの立ちやすいドリップがおすすめです。クロロゲン酸は高温すぎると、熱で分解されてしまうため、70~80度前後のお湯でドリップするのが効果的に摂取するポイントですよ。

コーヒーダイエットと牛乳は相性が悪い?太る?

コーヒーダイエットと牛乳は、あまり相性が良くありません。コーヒーに牛乳を入れると胃の粘膜が守られるメリットがありますが、牛乳のカロリーが高いので太る可能性もあります。ダイエット目的で飲む時にはできる限り控えましょう。

文部科学省の「食品成分データベース」を元に、100gあたりの牛乳のカロリーを紹介します。

  • 普通牛乳:61kcal
  • 濃厚牛乳:70kcal
  • 低脂肪乳:42kcal
  • 脱脂粉乳:31kcal

牛乳を少量入れるだけならあまり影響はありませんが、入れる量が増えれば摂取カロリーが増えてしまいます。ダイエットを成功させるには摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことが重要なので、摂取カロリーをできるだけ抑えられるよう牛乳は控えましょう。

牛乳の代わりにコーヒーフレッシュを入れた場合はどうかというと、1個12kcalから16kcal程度です。カロリー自体はそこまで高くはありませんが、毎回使っていると影響が出る可能性も。コーヒーフレッシュの主成分は脂なので、ダイエットにはあまりおすすめできません。

ダイエット目的なら、できるだけブラックコーヒーを飲むようにしましょう。

コーヒーでダイエットするならプロテインも同時に摂取しよう

コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介
(画像=Cafendより引用)

コーヒーがダイエット効果を高めることはわかりましたが、ただコーヒーを飲んで食事制限をするだけでは、痩せるだけで美ボディとは遠い結果になってしまう可能性も。より美ボディを目指すならば、コーヒーと合わせてプロテインを摂取してみましょう。

とはいえ、運動前にコーヒーもプロテインドリンクも飲むのは大変ですよね。効率よくコーヒーダイエットを行いたい人におすすめなのが、コーヒーとプロテインを両方摂取できる「カフェテイン」という商品。

コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介
(画像=カフェテイン 、Cafendより引用)

カフェテインは管理栄養士と薬剤師が監修しているダイエットを目的としたコーヒー。プロテインが入っているので、コーヒーに含まれる成分で脂肪を燃焼しつつ、プロテインに含まれるタンパク質で脂肪を筋肉に変えることができます。

普通のプロテインやスムージーよりも低カロリー・低糖質で、飲むだけで効率よくダイエットできます。コーヒーの成分やプロテイン以外に、代謝サポート成分が入っており、まさに美ボディを目指す人にうってつけの商品。

ダイエットでサイズダウンしてしまうバストをキープする成分が入っているのも、女性には嬉しいポイントですよね。カフェテインは「コーヒー味のプロテイン」というわけではなく、本当にコーヒー豆をブレンドしているので、味もコーヒーそのもの!

プロテイン特有の味がないので、普通にコーヒーを飲む感覚で毎日飲み続けられます。定期購入で初回1,980円(税抜)、2回目以降も3,980円(税抜)と、自動販売機で毎日コーヒーを買うのと変わらない値段でダイエット効果も得られます。

クレジットカード決済ならシェイカーをプレゼントしてもらえるのも嬉しいポイント。コーヒーダイエットを始めようと思っている人に、ぜひ試していただきたい商品です。