みなさんは、ディズニー映画『モアナと伝説の海』をご覧になりましたか? 準主役の、半人半神マウイの個性的なキャラクターが光っていましたね。 今回は、マウイの神話についてご紹介します。

ポリネシアに伝わる半神半人マウイ

『モアナ~』は架空の島のお話ですが、文化的なベースはポリネシアです。

ポリネシアとは、ハワイとニュージーランドとイースター島を結ぶ太平洋の大きな三角形の地域のこと。 製作者は、フィジー、タヒチ、サモアなどを巡って文化を学んだそうですよ!

ハワイアンは、もともとタヒチから移住してきました。 だから、ポリネシアに伝えられていたマウイの神話も、ハワイに伝えられたんですね。

マウイはチャレンジャー!

『モアナと伝説の海』にも登場した、半神半人マウイのお話!
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイの神話によると、マウイは女神ヒナと、人間との間に生まれました。 魔法の釣り針や、魔法のこん棒を持っていて、いろいろなことにチャレンジしたり、怪物を退治したりして大活躍します! 『モアナ~』の中でも、マウイはさまざまな冒険をしたと歌にうたわれていましたね。 映画の中では、マウイの冒険は、すべてタトゥーに表されていました。

マウイの冒険は、つぎのようなものがあります。 天を持ち上げた 島を釣り上げた 太陽を捕まえた ココナッツや竹をもたらした 火を起こす秘密を見つけた

マウイは恐れることなく、果敢にチャレンジします。 それが母親のためだったり、人間の役にたつことだったり・・・。 たまに失敗することもあるけど、そこで反省して、また前に進んでいく。 好奇心いっぱいで、正義感が強くて、明るく、ポジティブ。 とっても魅力的なマウイは、ハワイ神話界のスーパーマンなのです!

マウイの神話:太陽を捕まえたマウイ

『モアナと伝説の海』にも登場した、半神半人マウイのお話!
(画像=『LaniLani』より引用)

今回は、マウイの有名な神話をひとつご紹介します。

昔むかし、一日のほとんどが夜で、昼はとても短かったそうです。 マウイの母である女神ヒナは、いつもタパ(樹皮布)を作っても、日が短いために十分に乾かすことができずに困っていました。 それを見たマウイは、「太陽に直談判をする!」といって、マウイ島で一番高いハレアカラー山の頂上に登ります。

岩の陰にかくれて待っていると、太陽が昇ってきました。 マウイはすかさず最初の一筋の光の足を捕まえて、ロープで岩に縛りつけました。 そしてつぎつぎと太陽の光の足を捕まえて、ロープで岩に縛りつけていきます。 太陽は身動きとれなくなりました。 マウイは「みんなが困っているから、もっとゆっくり空を巡ってほしい!」と訴えます。 ところが太陽は「空を早く巡ってしまえば、あとはゆっくり休めるから」といって、断ります。 自分勝手な太陽に怒ったマウイは、魔法のこん棒で太陽の足を殴りました。 太陽は、「わかった、わかった。もっとゆっくり巡るようにする」と約束しました。 マウイは太陽の足からロープをほどきました。それから太陽はゆっくりと空を巡るようになりました。

マウイのおかげで、今のように昼が長くなったというわけです。 わたしたちが、いつも昼間楽しく過ごせるのも、マウイのおかげですね!

*写真はマウイ島ハレアカラー山からの日の出です。

『ハワイの神話講座』開講します! マウイのほかにも、女神ペレや、女神ヒイアカの神話を紹介します!

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選
å