数年前からずっとメイクが同じ…なんて方は要注意!メイクにもトレンドがあるので、ずっと同じメイクだとダサ見えしてしまうことも…。トレンド感がなくなってしまう、残念アイメイクを把握すれば、メイク上級者になれちゃいます。今回は、知っておいて損はしない残念アイメイク3選をご紹介します。

知ってる人はやらない残念アイメイク3選

ファッションなどにも流行があるように、メイクにも流行が存在します。

少し前まではトレンド感があって、垢抜けて見えていたメイクでも、今では古臭く見えてしまうことも。

今回は、古臭く見えてしまう残念アイメイクを3つご紹介します。

メイクを始めたばかりの初心者さんや、最近メイクがイマイチぴんとこないという方にぜひ参考にしていただきたいです♡

①白過ぎる涙袋メイク

涙袋を強調したくてついつい、肌よりも明るいハイライトカラーやホワイト系のカラーを使って立体的に見せようとする方法がありますが、実はかなり古臭く見えるんです!

やってるひとは要注意!知ってる人は絶対やらない「ダサ見え残念アイメイク」3選
(画像=michillより引用)

たしかに涙袋をしっかりと強調出来ますが、昔のギャルっぽいイメージになってしまって、今っぽさは感じられません。

今の流行りは肌になじみやすい、ベージュやピンク寄りのハイライトカラーを涙袋に使うのがオススメ♡

私のオススメのアイシャドウはこちらの2点!

やってるひとは要注意!知ってる人は絶対やらない「ダサ見え残念アイメイク」3選
(画像=Qoo10、michillより引用)

(左)エクセル スキニーリッチシャドウSR06 センシュアルブラウン
(右)キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ19 アーバンコッパー ※リニューアル前のもの

どちらも細かなラメ感で、上品に仕上がるアイシャドウです。付属のチップが涙袋に丁度良いサイズ感なので、チップで塗るのがオススメです。

②黒でガッツリ囲み目メイク

やってるひとは要注意!知ってる人は絶対やらない「ダサ見え残念アイメイク」3選
(画像=michillより引用)

しっかり目元を強調したくて濃い色で囲んでしまうのも、実は古臭いメイクに見えてしまうんです。

囲うことで目の範囲がしっかりと定まってしまうので、逆に目が小さく見えてしまう可能性も。

同じ囲み目でも、濃すぎないブラウンでふんわりと囲んであげると今っぽさ抜群です。