6歳差カップルというと、割と年の差があるので、相性がいいのかどうか気になりますよね。また、結婚が上手くいくのかも気になるところです。この記事では、6歳差カップルのメリットとデメリットに加えて、結婚の相性や上手に付き合うコツについても詳しく紹介しています。

6歳差カップルの恋愛事情

6歳差カップルの恋愛事情って?メリデメから結婚の相性・上手に付き合う方法
(画像=pixabay Photo bypixel2013、『Lovely』より引用)

皆さんは6歳という年の差をどのようにお考えでしょうか?とても離れていると感じる人もいれば、あまり変わらないと感じる人もいると思います。

実は、6歳差カップルの相性についても同じで、メリットもあればデメリットもあるのです。6歳の年の差について、どんどん掘り下げていきましょう!

6歳差カップルの年齢差は気になる?

6歳差カップルの恋愛事情って?メリデメから結婚の相性・上手に付き合う方法
(画像=pixabay Photo byqimono、『Lovely』より引用)

6歳差カップルというのは、周りに沢山いるわけではないと思うので、中々リアルな意見を聞きにくいですよね。

こちらでは、一般の人が年上や年下の異性に対してどのような感情を抱いているのかをまとめました。

実は筆者も夫が10歳上の年の差婚なので、何かお力になるアドバイスをすることができれば幸いです。

女性が年上の場合

まずは、女性が6歳上のパターン。これについては、男性の3割以上が恋愛対象として見ているということでした。女性が6歳上というのは、あまり聞かないパターンですが、男性からするとそれほど問題はないということですね。

年上女性には沢山のメリットがあると考える男性も多く、女性が年上だということに意外と抵抗が無いようです。

女性が年下の場合

それでは、女性が6歳下の場合はどうでしょうか?これは、年上女性とは異なり、ほとんどの男性が恋愛対象ではないと考えるようです。

この理由として、男性自身が「若い子からすれば自分はオジサンだから」という感覚を持っていることが多いことが挙げられます。実際、筆者の夫もそのように考えていたようでした。

しかし、年上男性が好きな女性って結構多いですよね。そのため、結果的に女性が6歳下のカップルは女性が6歳上のカップルよりも多くなります。