自分の夢の第一志望を叶えられた人は、果たしてどれくらいいるのだろうか。

やりたかった仕事、入りたかった会社、行きたかった部署。全部希望通りの人生を歩んでいる人なんて、ほとんどいない。

みんな、ちょっとずつ軌道修正したり、視点を変えながら、自分にとって“納得感のある人生”を見つけていく。

現在ドラマプロデューサーとして東映株式会社で働く中尾亜由子さん(37)も、その一人だ。

経理からドラマプロデューサーへ。激務でも、向かない仕事でも、私がこの仕事を10年辞めなかった理由
(画像=東映株式会社 
テレビ企画部
中尾亜由子(なかお・あゆこ)さん
2008年新卒入社。2年間の経理業務を経て、映画企画部に異動。その後、テレビ企画部に異動となり、『科捜研の女』『警視庁捜査一課9係』などのプロデュース業務に携わる、『Woman type』より引用)

学生時代に脚本家志望だった彼女は、将来の夢に近づける場所で働こうと映画の製作・配給を行う会社への就職を決めた。

しかし、東映に入社できたまではよかったが、配属先はまさかの経理部。ドラマや映画の現場に早々に配属された同期を横目に、およそ2年間を経理として過ごした。

その後、部署異動とともにプロデューサー職への転身が叶ったが喜びもつかの間。彼女を待ち受けていたのは、思うようにいかない日々だった。

「この仕事は自分に向いていない」と感じたこと、「もう辞めようか」と悩んだことは、数え切れないという。

それでも、プロデューサーになって10年もの月日が経った。「あいかわらず全然向いてないけど、この仕事を続けたい」と笑顔で話す彼女に、これまでの軌跡を聞いた。

「やりたいこと」とは違ったけれど、思いがけず楽しめた経理の仕事

経理からドラマプロデューサーへ。激務でも、向かない仕事でも、私がこの仕事を10年辞めなかった理由
(画像=『Woman type』より引用)

私の学生時代の夢は、脚本家になることでした。もともと女優の原田美枝子さんの大ファンで、当時ファンレターは100通以上出したかな(笑)

その頃から「いつか原田さんとお仕事がしたい」と思うようになり、書くことが好きということもあって、脚本家を目指すことにしたんです。

ただ、脚本家としてデビューするのはそう簡単なことではありません。そこで、ひとまず映画会社に就職しようと考えました。

脚本のことしか頭になかったので、面接を受けた時は映画の配給会社が何をしているとか、プロデューサーがどんな仕事をしているとか、あまり分かっていませんでした。それでよく内定をいただけたな、と思いますが……(笑)

ただ、東映に入社して最初に配属になったのは、なんと経理部でした。ドラマや映画づくりにさっそく携わっている同期もいたので、羨ましかったですね。

でも、腹を決めて経理の仕事を一生懸命やり始めたら性に合っていて、すごく楽しくなっちゃったんですよ。

経理からドラマプロデューサーへ。激務でも、向かない仕事でも、私がこの仕事を10年辞めなかった理由
(画像=『Woman type』より引用)

社内の先輩が簿記の2級を取ったという話を聞いて、じゃあ私は1級を取るぞと決めて、仕事終わりにファミレスでこっそり猛勉強したりして。

脚本家の夢を忘れたわけではないけれど、経理の仕事を楽しんでいるうちに、あっという間に時間が過ぎていきました。

「あの子を外してくれ」……夢に近づくも失敗続きの日々

そんな中、最初の転機が訪れました。入社3年目、『北のカナリアたち』という映画の企画が動き始めて、私もそこに加わることになったんです。

異動の打診を受けた時は、心の中で「やったー!」って叫びましたね。ついに作品づくりに関われるぞ!って。

シナリオハンティングに同行したり、映画に出演する子役のオーディション準備とか、歌の上手い子を集めるために全国の音楽教室にチラシを送るとか、そういう補助的な業務ばかりでしたけど、何でも張り切ってやりました。

そこからさらに、社内で出した企画が採用されて、映画からテレビドラマの現場に移ることが決まって。プロデューサー補佐として初めてドラマ撮影の現場に入ったのですが、そこで衝撃を受けました。

想像していた以上に、かなりハードな現場だったんです。スケジュールがタイトな撮影だったので、睡眠時間は毎日3時間くらい。働けど働けど、仕事が全然終わらない。締め切りは迫ってくる。

経理からドラマプロデューサーへ。激務でも、向かない仕事でも、私がこの仕事を10年辞めなかった理由
(画像=『Woman type』より引用)

現場に出て役者さんを撮影場所まで案内する仕事がよくあったのですが、方向音痴なものですぐ行き先を間違えるし。そんな感じなので、しょっちゅう先輩やスタッフにも怒られて。

私がおろおろして不安そうにしているものだから、「この人大丈夫なの? 他の人にしてくれないか」ってはっきり言われたことも……。せっかく夢見た場所に近づいたのに、「華やかな毎日」どころか、「ボロボロな毎日」が始まりました。

でも、毎日怒られながらも、少しずつできるようになっていることはあったんです。「トランシーバーの使い方を覚えた」とか、「撮影場所への道順を覚えた」とか……。

些細なことでも、「できるようになったこと」や「成長を感じたこと」を励みにしながら、何とか周りに食らいついていきましたね。