付き合う前の相手を初デートに誘うのは少し緊張しますよね。初デートをOKしてもらうためには、男女別で誘い方にコツがあります。相手に警戒心を抱かせず好印象を与える誘い方をマスターして、見事に楽しい初デートを実現させましょう!

付き合う前の異性を初デートに誘う前に心得ておきたい5カ条

付き合う前の異性を初デートに誘うのはドキドキしますね。勇気を出して誘ったのに断られると非常にショックを受けますが、それは単に誘い言葉が悪かったからではありません。他にもさまざまな理由が考えられます。

初デートはタイミング重視!異性が自分に興味を持っていると感じたらすぐに誘う

初デートに誘うにはタイミングが重要です。出会ってすぐよりも、関係を深めてからの方がOKをもらいやすいですが、時間をかけすぎるのも問題です。「少し意識してくれているかな」と感じたらすぐ初デートに誘った方が良い場合もありますね。

相手が自分に興味を持っていたり、相手の時間を自分が独占している瞬間はデートの誘いがうまくいきやすいすよ。

素敵なデートスポットに行けば好きになってくれるのではない

初デートでは綺麗な夜景やおいしい食事など、確かにデートプランや誘い方は非常に大事です。しかし素敵なデートスポットに行けば相手が好きになってくれるのではありません。

二人の関係を進展させるポイントは「一緒にいて楽しいか」「癒されるか」「尊敬できる人なのか」を感じ取った時です。相手はゆっくりとあなたの魅力を知って好きになるか判断します。

初デートを決める際に質問をしすぎない

初デートに誘うときは、相手の好きな食べ物や趣味などに合わせたデートプランを考えたいですよね。しかしそのために相手にあまり質問しすぎてしまうのはNGです。

付き合う前からあれこれ質問すると、相手にとっては「面倒くさい人」「プライバシーを侵害してくる人」と思われる可能性があります。普段の会話から必要な情報を収集するのがスマートなやり方ですね。

初デートを誘う際はプランを具体的に提示すること

初デートに誘うときはプランを具体的に提示することが大切です。「今度食事に行こう」という誘い方では「ただの社交辞令かな?」「いつ行くのか分からないし返事はしなくていいかな?」と流されてしまいます。

初デートに誘うときはなるべく具体的に「なぜ、いつ、何を、どこで、何時から、何人で、どれくらいの時間」を提示すると相手も誘いに乗りやすくなります。

初デートは特別なことという意識を捨てる

付き合う前の初デートとなると、必要以上に初めてを意識してしまいがちです。しかし初デートは何も特別なことではありません。付き合う前から複数人でお出かけや食事を楽しんでいた場合は、初デートだから特別なことをしようと気合を入れなくても、いつも通り過ごせば十分です。

気心の知れた二人なら頑張りすぎないデートの方が距離が急接近するかもしれませんね。