自己PRというと、就活の履歴書を思い出す人が多いのではないでしょうか。 そのアピールポイントはどういったものなのでしょう。 自己PRの書き方のポイントを説明しながら解説していきますね。 こちらが就活などのアピールポイントを書く際に役に立てば嬉しいです。

自己PRのアピールポイントとは?

自己PRというのを皆さんは聞いたことがありますか? 自己PRとは、自分をアピールするための文章を書くということですが、 そのアピールポイントを考えるというのはなかなか難しいものでもありますよね。 ですので、そのアピールポイントを考えるポイントや書き方についてご紹介していきますね。

自己PRでアピールポイントを書くコツ!【例文あり】
(画像=『Lovely』より引用)

履歴書が最初の第一関門ともいえるのです

履歴書とは、仕事を探す上で、最初の第一関門ともいえるものなのです。 それは書類審査というのは大体が、履歴書を見て審査されるからです。 履歴書からどんな性格か判断し、この人を是非会社に入れたいと思ってもらえないと、面接にはいけないでしょう。 ですので、魅力的な自己PRづくりをしなければいけないのですが、その自己PR文の書き方についてまとめてみましたのでご参考くださいね。

自己PRでアピールポイントを書くコツ!【例文あり】
(画像=『Lovely』より引用)

アピールポイントは、1つの事にしぼろう

アピールポイントがたくさんあっていっぱい書きたいことがあるかもしれません。 しかしたくさん書きすぎてしまっても、アピールしたいところがどれなのかわからなくなってしまうかもしれません。 ですので、本当に自分がアピールしたいポイントや性格だけを重点に置いて書くような書き方をしましょう。

自己PRでアピールポイントを書くコツ!【例文あり】
(画像=『Lovely』より引用)

履歴書によってアピールポイントの文章の長さは変わってくる

履歴書の大きさによって文章の長さというのは変わってきますよね。 また、履歴書が大きいと長い文章を考えないといけません。 エントリーシートも多いものですと、たくさん書かなければいけないでしょう。 その際は、自分のアピールポイントをうまくまとめないといけません。 では、どうまとめたらすっきりして見やすいものになるのではないでしょうか。 学校指定の履歴書が小さければいいですが、学校指定の履歴書が大きければ、どう長めの文章を印象づけるかをしっかり考えることは大切ですよね。

自己PRでアピールポイントを書くコツ!【例文あり】
(画像=『Lovely』より引用)

それは一番最初に、自分がどんな性格であるかということを示す、わかりやすいタイトルを作ります。 その後に、起承転結で、どうして自分がこの性格なのかというエピソードを作っていきます。 エピソードをつくることで、テンプレートな自己PRよりも選考をする人に読んでもらえますし、印象にも残るでしょう。

自己PRでアピールポイントを書くコツ!【例文あり】
(画像=『Lovely』より引用)