映画『空白』9月23日(木・祝)全国公開

古田新太と松坂桃李の実写映画初共演作品となる映画『空白』が、9月23日(木・祝)に全国公開となる。

本作は、第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(19)、『MOTHER マザー』(20)などを生み出したスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ~ル』(16)、『愛しのアイリーン』(18)、『BLUE/ブルー』(21)などでその才能を見せつけた𠮷田恵輔が監督・脚本を務める。

オリジナル脚本によって、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すヒューマンサスペンスだ。

作品概要

【古田新太×松坂桃李】映画『空白』一般試写会に5組10名さまをご招待
(画像=『Woman type』より引用)

物語は、中学生の万引き未遂から始まる。中学生の少女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれて死亡してしまった。

娘のことなど無関心だった少女の父親は、せめて彼女の無実を証明しようと、店長を激しく追及するうちに、その姿も言動も恐るべきモンスターと化し、関係する人々全員を追い詰めていく。

そして、日本映画史に残るであろう感動のラストシーンは、𠮷田監督史上最高傑作との呼び声が高い。

【古田新太×松坂桃李】映画『空白』一般試写会に5組10名さまをご招待
(画像=『Woman type』より引用)

 
観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田充として、劇団☆新感線の看板役者で、世界にただ一つの存在感を打ち立てた古田新太が7年ぶりの主演作に挑む。

土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳直人には、『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた松坂桃李。古田新太と松坂桃李の息もつかせない圧巻の競演が襲いかかってくる。