皆さんはワイキキ東端にあるカピオラニ公園に立派な門構えの建造物を見かけたことはありませんか。

今回は90年以上も前に建設されたこの建造物、戦争記念プールについてお話しします。

ハワイの歴史を知っておくとハワイ旅行がもっと楽しくなるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

1万人の兵士をたたえるために建てられた記念プール

ワイキキ水族館とカイマナビーチホテルの間の、カピオラニ公園のビーチサイドに建っている立派な門の中にはプールがあります。

このプールは「戦争記念プール(War Memorial Natatorium)」という名前の歴史的建造物です。

第一次大戦の時にハワイから出兵した1万人の兵士をたたえるため、著名な建築家のルイス ホバートが設計し、ロイヤルハワイアンホテルが開業した1927年に完成しました。

皆さんがカピオラニ公園側から見かける立派なローマ調の建物の裏は観客席となっていて、入口の中央の門には羽を広げて立つ四羽の鷲や女神などの彫刻が施されています。

中にあるプールは縦100m、横40mの大きさがあり、海から水を引き入れる珍しい海水プールです。

デューク・カハナモクも日本のオリンピアン前畑秀子も泳いだ伝説のプール

1927年8月24日に完成したプールでオープニングセレモニーが行われました。

この日、戦争記念プールには7千人もの人が集まったそうです。

彼らの目的はオリンピックの金メダリストでサーフィンの父とたたえられたハワイの英雄、デューク・カハナモク。

力強い泳ぎを披露し大勢の人たちを魅了したそうです。

その後は世界的な水泳競技の舞台にもなり数々の大会が開催されました。

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で上白石萌歌さんが演じたベルリン五輪200m平泳ぎ金メダリストの前畑秀子さんもこのプールで開催された大会に参加しています。

2019年に歴史ある海水プールの保存が決定

やがて戦争記念プールは老朽化が目立つようになり、保存か取り壊しかが議論されるようになりました。

1973年には最高裁判所で「歴史的建造物の取り壊しは違法」という判断も下されています。

建設されてから50年以上経った1979年には崩壊の危険があるという理由で記念プールは閉鎖されました。

2001年には一部の施設と外観が補修を受けましたが、プールを訪れてみるといまも「立ち入り禁止」の看板が立てられていて中に入ることはできません。

ホノルル市と郡は2018年から2019年にかけて調査を行い、歴史ある海水プールの保存が決定しました。

およそ2,560万ドルの費用がかかるといわれている戦争記念プールの改修ですが、歌手のブルーノ・マーズはビール会社のハイネケン、クラウドファンディング会社の「インディ―ゴーゴー」と協力して募金キャンペーンを行い、3万8千ドルが集まったといわれています。

プールの改修が行われ、このプールで世界的な大会が行われる日が1日も早く訪れるとよいですね。

おうちで楽しめるハワイや、ハワイ旅行で使えるプチ情報など、

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選
å