キャッシュレス決済の普及もあり、近年は様々な会社が「ポイント投資」のサービスを展開している。「投資は怖いもの」と思っている資産運用初心者は、このポイント投資から始めてみると良いだろう。なぜなら、ポイント投資は初心者にうってつけの投資方法だからだ。

ポイント投資とは?

ポイント投資とは、クレジットカードやキャッシュレス決済アプリ、その他ポイントプログラムで貯めたポイントを金融商品と交換する投資方法のことだ。ポイント投資には大きく分けて「ポイント投資型」と「ポイント運用型」の2種類がある。

ポイント投資型は、手持ちのポイントを現金化して、株や投資信託などの金融商品を実際に売買する投資方法である。一方のポイント運用型は、手持ちのポイントを現金化せずに、ポイントのまま運用する投資方法だ。ポイント運用型であれば証券会社での面倒な手続きが不要となるが、ポイント投資型に比べて投資の選択肢が狭まることが多い。

交換した金融商品は、通常の投資と同じように、タイミングを図りながら売却が可能だ。売却額が購入額を上回っていれば、差額を利益として得ることができる。もちろん、売却額が購入額を下回っていれば損失が発生してしまうので注意しよう。

身近なポイントで投資を行える

買い物をしたときなどに付与されるポイントを「日常的に貯めている」「少なくともポイント会員になっている」という人も多いのではないだろうか。ポイント投資の大きな特徴は、そうした身近なポイントで投資を行えることだ。

ポイント付与はある意味おまけなので、「貯めたポイントは買い物で使わずに全額をポイント投資に回す」など、ルールを決めて運用しても良いだろう。ちなみに、ポイント投資は各ポイントサービスごとに投資できる金融商品が若干異なる。

ポイント投資が初心者に適している3つの理由

ここからは、ポイント投資が初心者にうってつけの理由について解説していこう。主に以下の3つが挙げられる。

1.少額から投資ができる

資産運用初心者の場合、「投資はまとまった資金が必要」と考えているかもしれない。確かに株式銘柄の中には、1銘柄(1単元)購入するのに最低数百万円が必要な銘柄もある。

しかしポイント投資であれば、詳細は各サービスによって異なるが、1ポイント単位で投資ができ、中には1円から投資をスタートできるサービスもある。「いきなり大きな資金を投じるのは怖い」という資産運用初心者からすると、開始金額のハードルが低いのは大きなメリットだ。

2.損失が出ても経済的・精神的ダメージが少ない

資産運用初心者が投資を控える要因の一つに、「運用に失敗して資産が減るのが怖い」と感じることが挙げられるだろう。

ポイント投資は買い物などで得たポイントが投資の原資となるので、仮にポイント投資で損失が発生しても、自分の銀行残高(もしくは貯蓄額)が減るわけではない。従って、実際のお金で投資して損失が出た場合に比べて、経済的・精神的ダメージは少ないと言えるだろう。

もちろん損失が出ないに越したことはないが、投資である以上、損失の可能性は避けられない。もっとも、損失発生時の経済的・精神的ダメージが少ないことは、初心者にとって後押しになるだろう。

3.資産運用に触れることで知識や経験を得られる

資産運用において、株価などの価格変動は、保有資産額の大小にかかわらず、誰にでも等しく影響を与える。ある株の価格が1%下落した日は、その株を1億円分保有している富裕層も、100円分しか保有していないポイント投資家も、等しく資産が1%目減りする。わずかでも投資をしておけば、相場の変動を実感できるわけだ。

資産運用初心者の場合、「実際の値動きに伴って、自分の保有額が増えたり減ったりすることを体感する」という経験は非常に重要だ。ポイント投資であれば、たとえ少額であっても資産運用に触れることができ、資産運用に関する知識や経験を得ることができる。