生きていれば「やってられない!」と感じること、いくつもあると思います。特に仕事が嫌になる瞬間なんてたくさんありますよね。みんなが感じるやってられないと思う瞬間を9選、選んでみました。どうすれば心が軽くなるのか、そんな対処法にも迫ってみたいと思います。

「もう、やってられない!」そう思う時はどんな時?

生きていれば「もう、やってられない!」なんて思うこと、幾度もあると思います。

特に仕事に関して言えば、毎日のように「辞めたい」とか「やってられるか!」と感じることもあるのではないでしょうか。

プライベートなやってられないことなら、さっさと見切りをつけて辞めたいなら辞めてしまえばいいと思いますが、仕事となるとしがらみや責任があったり、生活を支えるためにはおいそれとは辞められない現状がありますよね。

「やってられない!」仕事が嫌になる瞬間9選!
(画像=『Lovely』より引用)

そこで、みんなと「もう、やってられない!」と感じる瞬間を共有してみようと思い立ちました。 辛いのは自分だけじゃないんだ…そう思えたなら、少しは気が紛れるかと思いまして。

もしかしたら、やってられるかの状況や瞬間をまとめてみることで、自分なりの対処法も見つかるかもしれませんよね。

みなさんの心の処方箋になりますように。 それでは、スタートしましょう♪

仕事が嫌になる瞬間9選!

仕事が嫌になる瞬間は誰にでもあります。

あるデータを見てみると、現在勤めている会社を辞めたいと思ったがあると回答した社会人のみなさんは、約70%を超えていました。

不満は感じつつも辞めたいとまでは思っていない人が約20%ということですので、仕事が楽しくてたまらない人がどれほど少ないのかがわかると思います。

みなさんは、どんな瞬間に「やってられるか!」という気分になるのでしょうか。 それぞれの瞬間を見ていきましょうね。

【やってられない瞬間】1.給料に不満がある

職場の不満として、一番多いのが「仕事に対する給料の安さ」でした。 何年も勤めているのに給料はいつまで経っても初任給のまま、不況のあおりでボーナス減額など。

やはり仕事をしている限り、その見返りとして給料を頂くのは当然ですよね。 一生懸命勤めた成果として、昇給という形がないというのは、仕事のやる気が削がれても仕方がないのではないかと思います。

頑張っているからこそ、やってられない。

「やる気があって努力もしているのに会社がそこを認めてくれていない」という、受け取り方をしてしまいますよね。

【やってられない瞬間】2.残業が多い

仕事が趣味だと言い切る人でも、やはり仕事をする時間が長すぎるのは辛いですよね。 毎日残業が当たり前、家に帰ってもお風呂に入って寝るのが精一杯のような生活を続けていては、何のために生きているのかわからなくなってくるのではないでしょうか。

家族との時間や、自分のプライベートな楽しみの時間を持てない状況では、「もう、やってられない!」と不満が爆発しそうになるのはとても理解できますよね。

体も心も、休息が必ず必要です。仕事が好きでも、拘束時間が長すぎるのは耐えられるものではないでしょう。

「やってられない!」仕事が嫌になる瞬間9選!
(画像=『Lovely』より引用)

【やってられない瞬間】3.サービス残業が多すぎる

さらによく聞く話が、残業でもまだちゃんと手当がつくのなら実りがあると思うが、うちの会社はサービス残業が多すぎてやってられない気分になる、という声です。

サービス残業とは、定められた賃金が支払われず、無償で仕事を行うことを意味します。それが毎日のように続けばさすがに不満爆発、もうやってられないと、なって当然でしょうね。

超過分の残業代は支払いませんが当たり前…?

日本の企業で未だによくあるのが、給料に最初から残業をこなした金額設定にしてあるということ。 しかも、最初から見込んだ残業時間よりも長く勤務させられ、その超過分の残業手当はつかないなんてこともザラだったりします。

やってられるか!…ですよね。