職場や仕事関係などで、気が合わない人という存在はいるものです。これが意外と厄介な悩みだったりしますよね。でも、なぜ合わないのでしょう?やっぱり職場を辞めるしかない?そこで、気が合わない人だと思うパターンや付き合い方を紹介しますね。

気が合わない人がいる悩み

嫌いなわけではないのに?なぜか気が合わない!
好きなことが同じはずなのに、どうも気が合わない感じがする!

自分がどこに居ても、人間関係の悩みってやっぱりつきまといますよね。

とても困るのが、職場やバイトでの仕事関係の場合。
仕事というのは、一日の多くの時間をそこで過ごすことになるわけで、
仕事そのものの大変さというよりは、
人間関係の悩みでストレスを抱える場合がよくあるものです。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

また、結婚生活でも、同じ屋根の下で過ごす仲だと、
物理的に離れることがない限り、気が合わない人とわかってはいても、
そこで暮らすことになるわけですよね。

もちろん、誰にだって、こんな精神的にしんどい思いで過ごしたくはないでしょう。

少しでも人間関係が楽になる秘訣とは?
スピリチュアルな観点からすると、どんな感じなのでしょう?
また、気が合わない人との付き合い方はどうすればいい?
その対処方法を探っていきます。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

気が合わない人ってどんな人?

職場や仕事関係で、どんなにうまくやっていこうと思っていても、
やはり自分の都合良い人間関係があるとは限らないものです。

必ずと言っていいほど、自分にとって、気が合わない人というのは存在しますよね。

では、気が合わない人ってどんな人でしょう?

・何かを感じていることの共有ができない
・何か嫌なことをされたわけではないのに、なぜか「イライラ」とする、またはされる
・会話しようとしても、会話が続かない…
・理由もなく「気に触る」「ムカつき」を感じる
・一緒に居合わせると気が重い感じがする
・スピリチュアル的な観点で言えば、波動が違う?

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

など、「合わない人だな…」と感じる場合は、こんな状況ではないでしょうか。
お互いにとっては、決して心地いいはずはありませんよね。

また、相手もおそらく、同じように「合わない人だな…」
と感じている場合が多いのかもしれません。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

気が合わない人だと感じる時

別にその人のことが人として嫌いなわけではないのに、気が合わない人っていませんか。
人間関係が悪いまではいかないけれど、意外とこんなケースも厄介だったりして…。

・こちらが望んでないこと(して欲しくないこと)を、親切心で?してくる人
 →要するに、ツボじゃない所を押されてしまうような感じ?

・良かれと思って?言ってくるのかもしれないけれど、コントロールしてくる人

・自分の趣味や嗜好を、どこか冷ややかな目で見る人

・話していると、必ず言葉尻をとったり揚げ足を取ってくる人
 →もはや、関わる必要なし?

・スピリチュアル的な観点で言えば、何か学ぶべき課題がある?

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

こんなことが積み重なってくると、最初は悪い仲ではなくても、
だんだん相手が疎ましく感じてきたりします。

ただ、同じ職場やバイトや仕事関係などで、会う機会がある場合…
付き合い方を考えていく必要がありますね。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

好みは合うのに?気が合わない人

世の中には、自分自身も含めて、いろんなタイプの人が存在するし、
趣味・嗜好や好きなことが共通している人もいれば、
そうでない人もたくさんいますよね。

でも、ここで悩んでしまうのは、好きなことが同じだから、気も合うだろう…
と思いきや、必ずやそうとも限らないという場合です。

ここが、人間の持ついろんな側面や、奥の深さなのかもしれませんが。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)

例えば、同じ分野の仕事をしている場合。

携わっている分野が同じだから、話題が共通する所はあっても…
仕事のやり方や考え方など、全てが合うわけではなかったりします。

やはり、仕事のペースや、やりやすい方法があったり、
人によって心地いい環境というのは違うわけです。

こんな時こそ、お互いの空気読みができないと、
人間関係にヒビが入ってしまいますよね。

気が合わない人との付き合い方7つ!【仕事など】
(画像=『Lovely』より引用)