40代女性の転職で正社員になる方法についてご紹介していきます。40代女性が転職で正社員の座をつかみとるには、厳しい道のりが待っていることは確かです。しかし、考え方によっては正社員の座を手に入れることも可能なので、興味のある方はどうぞ参考にしてください。

40代女性の転職

40代女性の転職についてご紹介していきます。

現代日本社会において、およそ3人に1人は離職から再就職までに約1年以上かかると言われる厳しい時代に入っています。

アベノミクス経済の影響で、経済状況が回復しているということも耳にしますが、それが40代女性の転職市場にまで及んでいるとは考えにくい現実があります。

確かに、ここ数年の有効求人倍率が1.0倍を大きく上回っており、データ上は希望すれば全員が就職できることになります。

しかし、それは契約社員や派遣社員といった非正規雇用も含めた数字であり、安倍政権になってから、ますます非正規雇用者が増えたという批判が多いのも事実です。

したがって、当然40代女性の方が転職で正社員の座を手に入れたいと考えても、一筋縄ではいかない難しい面があるのです。

40代女性の転職で正社員になるには?職探しの難易度が高すぎ!
(画像=『Lovely』より引用)

40代女性の転職は厳しい

端的に言って、40代女性の転職はかなり厳しい状況にあると言わざるを得ません。

20代や30代に比べて、求人数も少なくなる傾向にあるためです。 契約社員やアルバイト契約、派遣契約といった形であれば職を求めることも難しくありませんが、正社員での転職となるとハードルが上がってくるのが実情です。

正社員での転職を検討するのであれば、それまで同一職種での3年以上の経験や、管理職やリーダー職として部下を統制してきた経験が求められることがほとんどです。

もちろん、未経験でも正社員転職の成功をつかみとれる可能性はありますが、その可能性はかなり低いと考えておくのが無難です。

40代女性が転職で正社員の座をつかみとるための考え方

40代女性が転職で正社員の座をつかみとるには、何らかの資格を有していると有利に働くケースがあります。

特に介護系の資格や、保育系の資格を持っている女性であれば、正社員として転職できる可能性も高まります。

とりわけ,介護士や保育士は人材難が続いている業界でもあり、男性社員も少ないので、40代女性でも重宝される可能性が高いからです。

もちろん、それまでの仕事で管理職経験があるなど、何か秀でた分野があれば、キャリアアップの転職を目指すことも可能です。

単純に、「人間関係に問題がある」、「給料に不満がある」、「休みが少ない」などといったネガティブな内容での転職はさらに自分の首をしめることになりかねないので、一度冷静に考えて、今の会社でできることを探すのが賢明と言えます。

転職をすることで、確実にそういった悩みが解決するのであれば別ですが、転職しても状況が変わるかわからないのであれば、わざわざ転職の道を選ぶ必要もありません。

手に職がある40代女性の転職は有利

手に職を持つ仕事をしてきた方であれば、40代の女性であっても転職が成功しやすいと言えます。

例えば、アロマセラピーの資格を有して、アロマセラピストとして活躍してきた方や、インテリアコーディネーターなどとして活躍してきた方などは、手に職を有しているので、転職市場においても市場価値の高い人材となります。

手に職を持っている方であれば、転職を考えるのも悪くありませんが、それまでの経験や実績を活かして自分で開業するというのも一つの考え方です。

手に職を持つ女性の場合、やはりその人でないとできないというところに価値があります。

誰でもできるような仕事や、あなたが辞めても代わりがいくらでもいるような仕事では、その人独自の強みが活かせるとは言い難いです。

そういった意味で、手に職を持っている人は自信を持って転職活動に望んでいくと良いでしょう。

40代女性の転職で正社員になるには?職探しの難易度が高すぎ!
(画像=『Lovely』より引用)