回避依存症になる原因は?

回避依存症の男性をチェックする方法は理解できたかと思いますが、ここまで回避依存症を勉強していると、ある疑問が湧いてきます。そもそも、なぜ回避依存症になったのだろう、という疑問です。

回避依存症の男性は、最初から回避依存症だったわけではありません。必ず回避依存症になった原因があります。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

回避依存症の人に対する接し方や付き合い方を知るためには、この回避依存症になった原因を知るということがかなり重要です。それを理解することで、より回避依存症の人の心理を知ることができるため、接し方や付き合い方に活かすことができるからです。

そこでここからは、回避依存症になる原因を紹介していきたいと思います。細かく言えば様々な原因があるのですが、今回はおおまかな原因を紹介していきたいと思いますので、参考にしてください。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

【回避依存症になる原因①】過剰な期待

回避依存症になる原因としては、親からの過剰な期待、という原因が挙げられます。

親からの過剰な期待を受けていると、子供としては、段々自信がなくなっていくものです。親が求める結果を出せれば良いですが、そのようなことは少ないため、親の結果に答えられない自分はダメな人間、と思うようになるからです。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

目標値が高い期待を与え続けると、子供はいつかそれを乗り越えられなくなってしまいます。どれほど頑張っても目標をクリアすることができず、親に見捨てられないためにはさらに頑張りますが、いつか限界を迎えてしまうのです。本来は親が悪いのですが、子供は自分がバカだからだ、と自分を責めてしまうため、それが原因で回避依存症になってしまいます。

回避依存症の人は別れた後に連絡をとってくることも多いですが、自分から距離を取ったにも関わらず、別れた後に連絡してくるのは、このようなことが原因で愛情に飢えているからです。欲しいけど自分から手放す、という矛盾した行動が、別れた後に連絡してくるという行動を発生させているのです。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

【回避依存症になる原因②】虐待

回避依存症になる原因としては、虐待という原因を挙げることもできます。

虐待を受けている子供は、親からの愛情を充分に受けて育っていません。一番愛されるはずの人に愛されないという状況になると、常に愛情に飢えてしまうようになります。そして虐待される原因は、自分が悪いからだ、と自分を責める傾向もあるため、結果として、回避依存症になってしまうのです。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

別れた後に連絡してくる男性は、とにかく愛情に飢えています。しかし、本当の自分を知られることと、別れることを天秤にかけると、別れることを選んでしまうのです。

しかしそれでもやはり愛情が欲しくなってしまい、別れた後に連絡をしてしまいます。自分でも矛盾した行動であることを理解しているのですが、幼少期のトラウマにより、別れた後に連絡する、というおかしな行動をとってしまうのです。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

【回避依存症になる原因③】裏切られた経験

回避依存症になる原因としては、裏切られた原因がトラウマになっていることもあります。

これは親が原因だけではなく、恋人や親友などが原因になることもあります。親友に恋人を取られた、というような大きなトラウマが過去にあると、自信を喪失してしまったりするため、それが原因で回避依存症になることもあります。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

別れた後に連絡してくるという行動が出る場合は、トラウマの内容の中に、人から傷つく言葉を言われた、というトラウマがある場合が多いです。そのせいで、自分のことなど誰も好きになってくれない、という心理が出てきてしまい、彼女を拒否しておきながら別れた後に愛情を求めて連絡をしてくるという行動を発生させてしまいます。

別れた後に連絡してくる人は、恋愛でのトラウマである場合も多いですが、イジメがトラウマになっていることも多いです。別れた後に連絡してくる男性がいた場合は、過去のイジメを疑ってみても良いでしょう。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)