回避依存症と言われてもピンと来ない人が多いでしょう。しかしその症状を聞けば、今の彼氏は回避依存症なのかもしれない、と心当たりが出てくる人もいるかもしれません。男性に意外に多い回避依存症、今回は回避依存症の特徴や接し方を紹介していきたいと思います。

【はじめに】回避依存症の彼氏と付き合うのは大変

回避依存症という言葉を初めて聞いたという人も多いと思いますが、回避依存症の男性は意外と多く存在します。そもそも回避依存症とは、深い人間関係を作ることを拒否してしまう症状のことです。男性と仲良くなり、良い関係に発展していく流れだったにも関わらず、理由もなく男性から連絡が来なくなった、ということがあったら、回避依存症を疑ってみたほうが良いでしょう。

回避依存症は軽いものから重度のものまでありますが、きちんと対処法を知っておかなければ、付き合いを続けていくのは難しいものです。彼氏が回避依存症の場合、病気から発生する言葉を彼氏の本心だと思い込んでしまい、様々なすれ違いが発生してしまうからです。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

回避依存症を克服するのは難しいと言われています。回避依存症は幼少期の体験から発生する心理だといわれているからです。ただ、完全に克服することはできなくても、対処法をマスターすることで、回避依存症を治すという克服ではなく、うまく付き合っていくという克服の仕方をすることはできます。

そういう意味では、回避依存症はそれがあるからといって、克服できないものや、致命的なものではないということです。しっかりと克服の方法を知ることによって、彼氏とうまく付き合っていけるようになるため、回避依存症のことをしっかりと勉強しておくことが大切になってきます。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

回避依存症チェックしてみよう

回避依存症を克服するためには、まず回避依存症を見分けることが大切になってきます。彼氏の行動をチェックしておけば、回避依存症であるかどうかをチェックすることができるものです。

彼氏に回避依存症を克服してもらうためには、まずは彼氏が本当に回避依存症であるかどうかをチェックしなければなりません。いくら男性に回避依存症のような言葉があり、それを疑う行動があったとしても、必ずしも回避依存症であるとは限りません。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

もしも回避依存症ではない男性に対して、回避依存症の克服方法を実行してしまえば、別の症状を悪化させてしまうかもしれません。克服どころではなくなってしまうため、まずは回避依存症の特徴があるかどうかをチェックし、そこから克服方法を実行していくということが大切になってくるのです。

ではさっそく、回避依存症を克服するための第一歩である、回避依存症のチェックするべきポイントを紹介していきたいと思います。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

【回避依存症チェック!特徴は?①】上下関係を作る

回避依存症としてチェックするべき特徴としては、上下関係を作るという特徴があります。

これは独裁者タイプの回避依存症の男性に見られる特徴です。回避依存症とは言っても、様々なタイプがあるため、それを知った上でチェックすると、回避依存症を見分けやすくなります。大切なことですので覚えておきましょう。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)

回避依存症は基本的に、好きなのに関係が深まることを回避するという症状なのですが、心理の中には「きっと誰も自分のことを好きになってくれない」という心理があります。そしてその心理があるからこそ、様々な特徴が表面化するのです。そして、その中には男女の仲に上下関係を作りたがる、という特徴が出ることもあります。

独裁者タイプの男性は、自分の気に入らないことがあると女性を叱りつけたり、行動を監視したりしてきます。自分が優位な立場に立つことで、相手をコントロールし、自分から離れられないようにするのです。これは、相手が離れて行ってしまうかもしれないという心理から発生する行動ですので、このような行動を男性が起こしたら、チェックしておきましょう。

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?
(画像=『Lovely』より引用)