上司から飲みに誘われたり、接待に出席したり、同僚との女子会に参加したりと、仕事終わりに飲みに行く機会は、けっこうあるものです。時には翌日の仕事を忘れ、うっかり飲み過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか? そこで今回は、働く女性たちの「二日酔いで仕事をした経験」について探ってみました。

オフィスで二日酔いはどうごまかす? 働く女性たちが編み出した苦肉の策
(画像=『Woman type』より引用)

まずは「二日酔いの状態で出社したことはありますか?」と質問してみると、約65%の人が「ない」と回答。翌日のことを考えて、節度を守ってアルコールを嗜む人が多いようです。とはいえ35%程度の人は「ある」ことも判明。二日酔い状態で仕事をするとなると、失敗談も多そう……ということで、具体的なエピソードを聞いてみました。

【使い物にならないとはまさにこのこと】
「頭痛がひどかったのでお昼の休憩時間に、誰もいない会議室で寝ていた。そのまま熟睡してしまい、目覚めたのは業務の終わる時間。上司がかなり探していたみたいで、自席に戻ったときに叱責されました」(37歳/一般事務)
「マイクで商品PRを担当していたんですが、何度も噛むし訳の分からない事を口走ったりしてメチャクチャでした」(29歳/カスタマーサービス・オペレーター)
「ぼーっとしていて、処理伝票を百枚近く一個ずれた状態で処理していた」(37歳/一般事務)
「飲み過ぎて急性胃腸炎になり、行く先のトイレを転々としながら必死で外回りしたことがあります」(25歳/マーケティング)
【酒臭さの恐怖】
「上司に『お酒臭いけど……』と言われたので、その後、その日は誰とも話さなかった」(29歳/研究調査員)
「自分から発せられるニオイが、小さいころ嫌だった『酔っ払った父のニオイ』そのものでショック! 一日限定で、対人恐怖症になりました」(25歳/営業)
「酒臭くなることを避けて極力口を開けないようにしていたら、脳内酸欠状態でくらくらになってしまった」(22歳/営業)
【吐き気と戦う女性たち】
「接客業をしていたとき、オール明けでそのまま出勤。生理的に苦手なお客さんの顔を見た瞬間吐き気に襲われ、そのままトイレに駆け込みました」(25歳/接客・サービス)
「朝から棚にかがみ込んでの商品の補充がもうぎりぎりで……。吐くのをこらえるのに必死でした」(34歳/接客・販売)
「お店のゴミ箱に吐いた」(24歳/接客・販売)