本日のランキングは「実は2日目が美味しいと思う食べ物は?」です。

たしかによくあるこの現象。一体どんな食べ物が、「2日目が美味しい」と思われているのでしょうか?

「2日目が美味しい」のはナゼ?

実は2日目が美味しいと思う食べ物ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

そもそもどうして時間を置くと美味しくなるのでしょうか?

その料理にもよりますが、煮込み料理の場合、野菜や肉などの具材がもつ糖質やたんぱく質、アミノ酸がスープにとけこみ、それがコクを生み出すといわれています。

「実は2日目が美味しいと思う食べ物は?」BEST3!

それでは、みんなが「実は2日目が美味しい」と思っている食べ物BEST3をcheckしていきましょう!

第1位:カレー【2日目がおいしい食べ物】

実は2日目が美味しいと思う食べ物ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第1位は、やっぱりそうですよね!「カレー」でした。

2日目のカレーが美味しい理由は前述のことに加えて、「ジャガイモ」の存在があるそうです。

ジャガイモがさらに煮崩れて、デンプンが溶け出すことにより、ルーにとろみが加わって、コクやうまみを感じやすくなるのだとか!

第2位:おでん【2日目がおいしい食べ物】

実は2日目が美味しいと思う食べ物ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第2位は「おでん」でした。

おでんって不思議な食べ物。普段交わらないような食べ物同士がいっしょくたになって煮込まれているんですもの(たとえば牛筋とちくわとか)。

だけど、それが化学反応を起こして未知の味を生み出すんですよね。時間が経てばたつほど、それぞれのダシが溶け合って、より重厚な味わいを呈します。

第3位:シチュー【2日目がおいしい食べ物】

実は2日目が美味しいと思う食べ物ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第3位は、「シチュー」です!

クリームシチュー、ビーフシチューなどありますが、こちらも美味しくなる理由として「ジャガイモ」の存在があげられるでしょう。

それにしてもシチューって何と一緒に食べますか?ごはん?パン?これもいつかアンケートを実施してみたいトピックですね…。