アンケート実施期間/2021年6月18日~7月1日
有効回答数/648名
調査方法/女の転職type会員に対してWeb上で調査

今回の調査でわかったこと

コロナ禍以降、外食ランチが減少&「お弁当・自炊」が半数以上に

2019年以前(コロナ前)と2021年(現在)のランチの方法について聞いたところ、コロナ前後ともに「お弁当、自炊」が1位との結果になりました。「外食が多い」と答えた人は、コロナ前と比べると半数以下に減少。外出自粛が推奨されるコロナ禍の影響が伺えます。

ランチにかける平均金額に関しては、コロナ前が613円だったのに対し、現在は500円と100円ほど減少していることがわかりました。

Q.1 平日のランチはどうしてる?

働く女性648名の「平日ランチ事情」を調査! コロナ禍、“ランチ質素化”の傾向高まる
(画像=『Woman type』より引用)

平日のランチ事情について、2019年以前(コロナ前)と2021年(現在)で比較したところ、コロナ前・現在ともにトップは「お弁当、自炊」となりました。続く「中食(買ってきたものを食べる)」、「外食」も順位に変動は見られません。

しかし、「外食」はコロナ前が20.6%だったのに対し、現在は8.9%と半分以下に減少しています。

働く女性648名の「平日ランチ事情」を調査! コロナ禍、“ランチ質素化”の傾向高まる
(画像=『Woman type』より引用)

また、現在の状況について、職場に出勤している人・リモートワークをしている人の勤務形態別に比較しましたが、どちらもトップ3の順位に違いは見られませんでした。休憩時間に調理が可能な自宅という環境のおかげか、リモートワークの人の方が「お弁当、自炊」の割合がやや高いことが分かります。

Q.2 平日のランチにかける平均金額は?

働く女性648名の「平日ランチ事情」を調査! コロナ禍、“ランチ質素化”の傾向高まる
(画像=※0円と回答した人を含む回答者の平均金額 ※平均金額3,000円以上の回答は除く、『Woman type』より引用)

ランチにかける平均金額は、2019年以前(コロナ前)が613円だったのに対して、2021年(現在)は500円。コロナ禍で外食が減り、自炊することが増えた影響がここにも見られました。

現在の勤務形態別に見てみると、出勤している人が534円、リモートワークをしている人が451円、休職中・離職中が450円との結果に。Q.1で見た中食・外食の割合と比例していることが見て取れます。