日本語のメールではファーストネームを使うことは非常に少ないでしょう。
しかし英語のメール、特にアメリカなどではファーストネームを使ってメールを出すことは、ビジネスの場でもとても多いです。
肩書などの上限関係に左右されずに、平等にコミュニケーションをとることが望ましいとされている背景もあります。

しかし、別の会社の人にいきなりJohnなどとメールをするのは気が引ける、ということもあるでしょう。
もしくは、同僚が皆Bobと呼んでいる人にメールをするけれど、個人的な面識はまだない場合、メールの書き出しをBobとした方がよいのか、Mr.を付けた方がよいのか、悩むこともあると思います。

そんな時に便利なのがif I mayです。
「もしこんな風にお呼びしてご迷惑でなければ」というニュアンス。

例えば
Dear Kate (if I may).
などのように書き出します。

また、もし自分がこのようなメールをもらったら、返信のメールが大事。
返信メールでファーストネームを使うことで、ファーストネームで呼び合う関係であることを確認します。
もしそれに気づかずに苗字を使ってしまうと、相手は非常に恐縮するので要注意です。

提供・HiCareer(通訳者・翻訳者へのインタビュー記事や英語学習の情報が満載!)

【こちらの記事も読まれています】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選