仕事の後の懇親会で司会や挨拶を頼まれること、ありませんか?司会者として、たくさんの同僚や上司のまえで、挨拶をするのは、流れが分からずかなりのプレッシャーになります。そこで、懇親会で使える挨拶や進行の仕方や流れを、例文と一緒に紹介します!

【懇親会で司会や挨拶】司会を頼まれたらどうする?

仕事のひとつとして、会社の懇親会の司会を頼まれること、ありませんか?
司会をすると言っても、友達などの内輪の飲み会とは違います。

自己紹介はどうする?どのような進行の仕方がいいのか、流れをどうすればいいのか、心配になる人も多いはず。

そのため、事前に、挨拶や乾杯などの流れを、マニュアルで確認することが大切!

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)

懇親会は、会社の雰囲気を良くしたり、新しいメンバーと交流する場を作ったり、
会社のイベントのひとつとして、とても大切にしているところもあります。

懇親会の司会と言っても、会社の仕事のひとつでもあるので、
ここでしっかりと司会をすることで、仕事に対する評価が上がることも少なくありません。

難しい!そんな気持ちになりますが、懇親会の司会で抑えるべきポイントをおさえればOK。
マニュアルをおさえることで、仕事のいろいろな場面で役に立つかもしれませんね。

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)

【懇親会で司会や挨拶】進行の仕方で仕事が評価される!?

懇親会の司会は、挨拶、自己紹介、乾杯、閉会までの一連の流れがあります。
上手にその流れを作れる人は、仕事もできる場合が多いんです。

懇親会の参加者はいろいろな立場の人がいます。
そこで、どうどうと、司会ができる人は、度胸があると受け取られます。

また、そのような雰囲気で、進行の仕方が上手い人は、プロジェクトのとりまとめが上手、
臨機応変に対応できる、コミュニケーション力がある、そう受け取られるんです。

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)

だから、単なる会社の飲み会の司会とはちょっと違うのが、
懇親会で司会をするときの特徴。

自己紹介の仕方次第で、あなたの会社のメンバーとしての印象もぐっと変わります。
基本の流れをマニュアルでおさえながら、自分らしさを加えるのも、
司会をするうえで効果的かもしれません。

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)

【懇親会で司会や挨拶】自己紹介は短めに

司会者は、懇親会の進行をする立場ですが、
自己紹介で出しゃばりすぎてしまうのはNG。自己紹介のマニュアルを確認!

司会者の自己紹介は、挨拶をする上司などをたてるのが大切。
自己紹介は、できるだけ簡単にまとめるようにしましょう。

例文「手短に自己紹介させていただきます」と入れることで、
短くする気持ちがあると参加者に伝わり、好感が持たれるんです。

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)

そして、自分の名前を、参加者に伝え、自己紹介とします。
例文「本日、司会を務めさせていただく、〇〇です」

そして、気持ちを伝えましょう。
例文「不慣れなこともあると思いますが、一生懸命、務めさせていただきます」と、
完ぺきではないかもしれないが、がんばるという心構えを表現するのがいいですね。

最後に、「よろしてお願いします」と明るく伝え、次に進みましょう。
この3つを、マニュアルでおわえれば、自己紹介は十分であると思います。

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!
(画像=『Lovely』より引用)