著者名

上司に対する「何で? どうして?」をズバっと解説
堂園姐さんの「上司のキモチ」翻訳講座

上司に対して日々感じている「なんでそんなこと言うの?」「どうしてそういうことするの?」という不満や疑念。それを直接上司にぶつけたいと思っても、「余計に怒られるんじゃないか」「印象が悪くなるんじゃないか」とモヤモヤしたまま自己完結してしまっている女性も多いのでは? そんな働く女性たちの疑問に、最強ワーキングマザー・堂薗稚子さんが、上司の立場からズバッと解説! 上司って、ホントはすごくあなたのことを考えてるのかも!?

堂薗稚子(どうぞの・わかこ)
株式会社ACT3代表取締役。1969年生まれ。1992年上智大学文学部卒業後、リクルート入社。営業として数々の表彰を受ける。「リクルートブック」「就職ジャーナル」副編集長などを経験。2004年に第1子出産を経て翌年復職。07年に当時組織で最年少、女性唯一のカンパニーオフィサーに任用される。その後、第2子出産後はダイバーシティ推進マネジャーとして、ワーキングマザーで構成された営業組織を立ち上げ、女性の活躍を現場で強く推進。経営とともに真の女性活躍を推進したいという思いを強くし、13年に退職し、株式会社ACT3設立。現在は、女性活躍をテーマに、講演や執筆、企業向けにコンサルティングなどを行う

皆さま、こんにちは。堂薗です。

4月になり、新入社員の方たちもそろそろ配属先に顔を出すころかもしれませんね。この時期は歓送迎会などが多くて、「夜の予定もいっぱい、出費も大変!」という方も多いことでしょう。

「飲み会で感じる上司への不満」ということで言えば、2次会、3次会、明け方のカラオケボックスまで、とことん付き合わせるタイプの上司に困っている人も、上司が一人で喋り続ける武勇伝にうんざりしたり、仕事の話ばかりされて正直全く楽しくない、という人もいるでしょう。また「なぜ平等に割り勘?」とお会計に不満を感じる人もいると思います。今回のテーマはそんな不満の中から、「飲み会にまつわるお金」についての上司の本音をお話してみますね。上司の本音というより私の本音だけど(笑)。

「ケチ」と思われるのは最上級に嫌!
とはいえ厳しい懐事情

数年前のことですが、直下の課長たち3名と私とで、飲んだ後にラーメン屋に行き、「メンバーに、どんな悪口を言われていると一番悲しいか」という話題になったことがあります。女性の課長も一人いたんですが、私と彼女は、「仕事ができない」と言われているのが一番しんどい、と言いました。でも、男性課長2人は「ちっちゃい人」と言われるのが一番つらい、と答えたんです。これは、たまたまの属性や個人差もあるかもしれないんですが、なんだか「なるほどねえ」と納得してしまう答えでした。

それで、「ちっちゃい」について、根掘り葉掘り聞いてみたところ、「ケチ」と言われるのが最上級に嫌だということが分かりました。「ちっちゃい」には、自分のことしか考えていない、責任逃れする、などの仕事上の意味合いももちろんあるわけです。それももちろん嫌なのだけれど、「ケチ」は許せない勲章らしい(笑)。でも、私の経験から言えば、男性上司の方が「金銭感覚がしっかりしている」という印象があります。つまりケチっぽく感じてしまう人が多い(笑)。男性上司は、奥様が専業主婦であることも多くて、物理的に使えるお金に限りがあるけれど、女性上司は既婚でも独身でも、自分のお金の裁量が割と広い、とも言えそうです。

そんな中で、上司たちも懸命にやりくりしてメンバーとの時間にお金を使っているわけですが、それでも「ここはオレが払うよ」と簡単に言うことができない懐事情の日もある。それなのに、「ご馳走様でした!」とも言われないとか、財布を出す気配さえないとか、メンバーに感謝の気持ちが感じられないと、「なんだよ~」という不快な気分が態度に表れてしまい、結果的に「払いたくなさそうだった」「あの人、お金にシビアよね」などと言われてしまう。「結構つらいんですよ……」と彼らはぼやいていました。

いつだったか、若いメンバーたちから「堂薗さんって、僕らの何倍、お給料もらっているんですか?」とシャレで聞かれたことがありました。その時に、「何倍もあるわけないでしょ。ほんのちょっとしか高くないよ」と答えると、「夢を壊さないでくださいよお」とがっかりされてしまったのですが、中間管理職って、残業代もなければ手当がないこともあったり、相当年齢が上の人でもみんながみんな、高年収ってわけでもないのです。それなのに、本音で言うと、ばーんと払いたい。その方が大人っぽいしかっこいいし、メンバー達もまた自分と一緒にごはんに行きたいと思ってくれるような気がして、ちょこっとしか払えない自分が情けなくなる、というのが本音です。若いメンバーと飲食したときに「それじゃ一人5000円ね」と請求するのは本当はとても気が引けるけれど、一人で3万円は払えない、どうしようか、と思案する。その結果として、懸命に平然とした風を装って、メンバーにも負担してもらう事にする、そんな上司も多いのではないでしょうか。