著者名

上司に対する「何で? どうして?」をズバっと解説
堂園姐さんの「上司のキモチ」翻訳講座

上司に対して日々感じている「なんでそんなこと言うの?」「どうしてそういうことするの?」という不満や疑念。それを直接上司にぶつけたいと思っても、「余計に怒られるんじゃないか」「印象が悪くなるんじゃないか」とモヤモヤしたまま自己完結してしまっている女性も多いのでは? そんな働く女性たちの疑問に、最強ワーキングマザー・堂薗稚子さんが、上司の立場からズバッと解説! 上司って、ホントはすごくあなたのことを考えてるのかも!?

堂薗稚子(どうぞの・わかこ)
株式会社ACT3代表取締役。1969年生まれ。1992年上智大学文学部卒業後、リクルート入社。営業として数々の表彰を受ける。「リクルートブック」「就職ジャーナル」副編集長などを経験。2004年に第1子出産を経て翌年復職。07年に当時組織で最年少、女性唯一のカンパニーオフィサーに任用される。その後、第2子出産後はダイバーシティ推進マネジャーとして、ワーキングマザーで構成された営業組織を立ち上げ、女性の活躍を現場で強く推進。経営とともに真の女性活躍を推進したいという思いを強くし、13年に退職し、株式会社ACT3設立。現在は、女性活躍をテーマに、講演や執筆、企業向けにコンサルティングなどを行う

皆さま、こんにちは。堂薗です。

前回は、「私たちが残業しているのに、どうしてとっとと帰るわけ?」と腹立たしくなる上司について書きました。今回は残業繋がりで、逆に「仕事を終えて帰ろうとすると、急に呼び止めてくる!」「帰り際に仕事を振らないで!」と思っちゃう上司について、考えてみようと思います。

予定があることを言えない部下と
全てを知りたい上司

話がずれてしまうようですが、私の体験を聞いてください。会社員時代のことです。ある時、別の課の男性メンバーから「進退について相談したい」、と言われたことがあったんです。私に相談してしようとしてくれているのだけれど、自分の直属の上司には知られたくない、外でごはんを食べながら相談したい、と言われて、私は誰にも言わずに日程を調整しました。でもその日、約束の時間になっても彼は全くお店に現れません。電話も通じなくて、心配しつつも1時間ほど待っていると、ようやくやってきました。一人で1時間がぶがぶ飲んでいて既に出来上がっていた私は、「ちょっと! さすがに失礼なんじゃない? 連絡もなく1時間も待たせるなんてどういうこと?」と声を荒げました。すると、彼はうなだれながら、「帰ろうとしたら、上司に呼び止められてしまって……」と言うのです。「予定があるって言えばいいじゃない?」と返すと、「とても言えないです。明日のアポの資料の細かいところ、ずっと修正されていました……」との答え。酔っ払ってしまっていたので相談ごとはまともに聞いてあげられなかったですし、彼も1時間私を待たせてひやひやし続けていただろうに叱ってしまって。本当に散々な夜になり、彼には可哀想なことをしてしまいました。

彼の上司は私もよく知っている人でしたが、その人にとっては、部下は家族同然であり、自分は「課長」ならぬ「家長」になろうとしていたのだと思います。その当時、その人にとってやや不遇な人事が続いていたのもあってか、少し意固地になって自分の組織をお城のように大切にし、部下がそこから出ることを許さないような雰囲気がありました。だから、その男性メンバーは、「オレじゃなくて、なぜアイツに相談する?」と責められることを恐れていたし、上司の知らない予定があることさえ言うことができなかった。また、上司の方も自分の知らない予定が部下にあるのを知って、わざと呼び止め、彼の「優先順位」をテストしたのかもしれません。言うまでもなく、組織は逆にまとまりがなくなり、メンバーは疲弊してしまっていました。だからこそ、彼も私に相談しようとしたのかもしれない、と今になって思います。