ロサンゼルス・エンゼルス所属のプロ野球選手・大谷翔平が、グッズの製造などを手がけるアメリカの大手企業と独占契約を結んだことがわかった。

言わずと知れたプロ野球選手ベーブ・ルースを彷彿とさせる“二刀流”の選手として現地で活躍中の大谷。今季は特に絶好調の成績を収めており、現時点で両リーグトップの34本塁打を記録(7月21日現在)。ファンの間では“日本人初の本塁打王”を獲得できるかに、注目が集まっている。

米ESPNによると、現地時間7月20日、スポーツ関連のグッズを製造・販売している米企業ファナティクス社は大谷選手と複数年の独占パートナーシップを結んだことを発表。今後、ファナティクスのメモラビリア・コレクション部門である「ファナティクス・オーセンティック」の契約スターアスリート陣に仲間入りすることとなった。

大谷翔平、スポーツグッズを手がける米大手企業と独占契約! すでにグッズの売上が絶好調、なんとMLB選手の中でだんとつトップの販売数
(画像=ファナティクス社と独占契約を結んだ大谷翔平選手、tvgrooveより引用)

ファナティクス社のプレスリリースによると、この独占契約により、大谷選手のサイン入り、コレクタブル、メモラビリア領域のファングッズの独占的な供給元として、これまでになかった大谷選手グッズを提供できるようになるとのこと。同コレクションの中には、バット、ユニフォーム、写真、試合球など、実際に大谷選手が試合で使ったアイテムも含まれるという。

大谷選手は契約に際して、「ファナティクスの独占契約アスリートの一員になれたことをとても光栄に思います。同社の世界的なネットワークによって、米国及び日本両国におけるファンに、すばらしい商品をより多く届けることができるようになります」との声明を発表している。

大谷選手の人気は現地でもピカイチであり、大谷選手の記念品(メモラビリア)やグッズは、何百ものプロや大学のチームなどを含む全スポーツの中でトップの販売数を記録。7月1日以降、ファナティクス社でもっとも売れているアスリートとなっている。

また、先日から販売が開始された大谷選手の記念品は、2位の選手に10倍以上もの差をつけ、すぐさまMLB選手の中でトップの売り上げを記録。さらには、先日行われたMLBオールスターゲームでは、大谷選手のグッズはなんと売り上げ全体の28パーセントを占めたという。

期待の星として各方面で注目されている大谷選手。今後のさらなる活躍に期待だ。


提供・tvgroove



【こちらの記事も読まれています】
全世界のティーンを魅了するソフィア・カーソンにインタビュー! ディズニースターから新たなステージへ・・新シングル『Fool’s Gold』に込められた思いとは?
大注目英アーティストのHRVYに単独インタビュー! 人気SNSの裏側は? 自宅待機中に習得した技術とは・・?
地上波局の苦肉の策? リベンジドラマ「The Equalizer」と「Rebel」は高齢者向けのスーパーヒーロー?
「ワンダヴィジョン」エリザベス・オルセン、デビュー当時は改名を考えていた! その理由は姉たちが・・
「フラーハウス」、最後の最後にミシェル役オルセン姉妹ネタでジョーク! 一体どういじられた・・・?!