非課税で運用できる代表的な制度が「iDeCo(イデコ)」と「つみたてNISA(ニーサ)」です。将来のために運用しながらお金を積み立てる制度で、利益に税金がかからない魅力があります。

どちらも有利な制度ですが、併用は可能なのでしょうか。 本記事では両制度の併用と使い分けのポイントをご紹介します。記事の後半ではお得でおすすめの証券会社もご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

iDeCoとつみたてNISAは併用が可能

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=BRAD/stock.adobe.com)

結論からいうと、「iDeCo」と「つみたてNISA」は併用可能です。必要に応じて両者を同時に利用することができます。

投資の税制優遇制度はほかに「一般NISA」もあります。一般NISAもiDeCoと併用可能ですが、つみたてNISAとの併用はできないため注意しましょう。

まとめると以下のようになります。

【3制度の組み合わせ別 併用の可否】

併用
iDeCoとつみたてNISA
iDeCoと一般NISA
つみたてNISAと一般NISA ×

それぞれ単独の利用は問題ありませんが、併用する場合は上記ルールに気を付けましょう。

iDeCoとつみたてNISAの違いとは

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=polkadot/stock.adobe.com)

iDeCoとつみたてNISAの大きな違い

両者の 大きな違いは「投資できる商品」「途中解約」「投資額の所得控除」です。

iDeCo つみたてNISA
利用できる人 20歳以上60歳未満の方 20歳以上の方
投資できる商品 投資信託
定期預金
保険商品
投資信託
投資タイミング 積立投資 積立投資
投資できる金額 14.4~81.6万円/年 40万円/年
最低投資額 5,000円/月 100円/月
※金融機関による
投資できる期間 原則60歳まで 2042年まで
途中解約 ×
運用益の非課税期間 原則60歳まで 投資した年から20年間
投資額の所得控除 ×
受け取り時の控除 年金形式:公的年金控除
一括受取:退職所得控除
非課税


つみたてNISAは投資信託だけに投資できますが、iDeCoはほかに安全性の高い定期預金や保険商品(いわゆる貯蓄型保険)にも積立できます。

またiDeCoは原則60歳まで解約できませんが、投資額と同額の所得控除を受けられます。積み立てと節税が同時にできる点が魅力です。一方つみたてNISAはいつでも解約できますが、iDeCoのような所得控除はありません。

iDeCoとつみたてNISAの共通点

iDeCoとつみたてNISAの共通点は次の3点です。

iDeCoとつみたてNISAの共通点
  • 投資信託で運用できる
  • 積立投資
  • 運用益が非課税

どちらも投投資信託にお金を少しずつ積み立てていくものです。共通点として最大のポイントは、運用益が非課税になる点です。 本来運用益には20.315%の税金がかかりますが、両制度はどちらも非課税です。税金が取られない分、効率的に運用できるメリットがあります。

出典:国税庁「No.1463 株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税)」

【積立投資にはリスクを下げるメリット】
両制度は少しずつお金を積み立てる制度です。まとめて投資せず、時期をずらして投資する戦略を「時間の分散」といい、リスクを下げる効果が期待できます。安定的に運用したい方には向いているでしょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

iDeCo独自の特徴

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=beeboys/stock.adobe.com)

ここから両制度それぞれの特徴を確認しましょう。まずはiDeCoについて解説します。 iDeCoの特徴は次のとおりです。これらはいずれもつみたてNISAにはない特徴です。

  • 「積立時」と「受け取り時」の税制優遇
  • 投資対象の商品が豊富
  • 原則として60歳まで引き出せない

それぞれ簡単に解説します。

「積立時」と「受け取り時」の税制優遇

iDeCoは運用益の非課税以外に、積立時と受け取り時の両方で税制優遇を受けられます。

iDeCo独自の税制優遇
  • 積立時:掛け金全額の所得控除(小規模企業共済等掛金控除)
  • 受け取り時:公的年金控除or退職所得控除

出典:iDeCo公式サイト「iDeCo(イデコ)のイイコト」

積立時の税制優遇は所得控除です。 iDeCoに積み立てた金額と同額の所得控除が受けられるため節税になり、給与の手取りが増えるメリットがあります。つみたてNISAにはない、iDeCoの大きな強みです。

受け取り時の税制優遇は特別な控除です。 iDeCoから引き出したお金は課税対象ですが、「公的年金控除」か「退職所得控除」が適用されるため、引かれる税金が少なくなります。

たくさんの税制優遇を受けられる点がiDeCoの魅力といえるでしょう。

投資対象の商品が豊富

つみたてNISAは投資信託だけが投資対象ですが、 iDeCoならほかに定期預金や保険商品にも投資できます。元本の安全性が高いため、より確実にお金を積み立てることができるでしょう。

iDeCoは定期預金などに投資しても、上述した積立時の所得控除は受けられます。「節税だけ行いたい」という方におすすめです。

【iDeCo手数料に注意】
定期預金や保険商品は安全性が高いですが利回りが低いです。iDeCo手数料を下回るケースに注意しましょう。iDeCoは加入時に2,829円、月に最低でも171円(積み立てない月は66円)かかります。なお、つみたてNISAにこれらの手数料はありません。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

原則として60歳まで引き出せない

iDeCoは老後資金を積み立てるための制度です。そのため、原則60歳まで引き出せない仕組みになっています。

これまでついお金を使ってしまい、なかなかお金を貯められなかった方はiDeCoを選んでみてはいかがでしょうか。 途中で引き出せないので確実に老後資金を貯めることができるでしょう。

【積み立ての停止は可能】
iDeCoはお金を途中で引き出すことはできませんが、積み立てを止めることはできます。「運用指図者」へ変更手続きを行うことで可能です。積み立てを停止しているときも最低66円の手数料はかかるので注意しましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

つみたてNISA独自の特徴

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=umaruchan4678/stock.adobe.com)

次につみたてNISA独自の特徴を確認しましょう。iDeCoにない、つみたてNISAならではの特徴は以下の通りです。

  • いつでも自由に資金を引き出せる
  • 低予算から始められる
  • 年齢にかかわらず20年間活用できる

それぞれわかりやすく解説します。

いつでも自由に資金を引き出せる

iDeCoは原則60歳まで引き出せませんが、 つみたてNISAはいつでも解約・出金が可能です。また、積み立てだけ停止することも可能です。

教育資金やマイホーム資金など、60歳前に使う予定がある資金の運用に向いているでしょう。

【解約しても非課税投資の枠は復活しないため注意】
つみたてNISAは年40万円まで投資できますが、解約してもこの投資の枠は復活しません。その年の投資枠を使い切っている場合、改めてつみたてNISAを利用するには翌年まで待たないといけないため注意しましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

低予算から始められる

iDeCoは月5,000円が最低投資額ですが、つみたてNISAはより少ない金額から始められます。金融機関によりますが、 最低100円から利用可能です。

つみたてNISAを100円から始められる金融機関の例
  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • auカブコム証券

少額から始めたい方にはうれしい特徴ですね。なお、おすすめの証券会社については後述するので、そちらも参考にしてください。

年齢にかかわらず20年間活用できる

iDeCoは原則60歳までの制度のため、始める年齢によっては非課税期間が短くなってしまいます。 つみたてNISAは年齢にかかわらず20年間の非課税期間を利用できます。

投資は一般に長期運用するほど有利になります。始める時期が遅くても長期投資しやすい点はつみたてNISAならではの特徴です。

使い分ける上でのポイント

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=hikari_stock/stock.adobe.com)

iDeCoとつみたてNISAは併用できますが、「まずはどちらか選びたい」という方もいるでしょう。ここで両制度の使い分けのポイントも押さえましょう。以下に簡単にまとめました。

老後資金を貯めたい マイホームや子供の
学費を貯めたい
老後資金を
十分に貯めたい
iDeCo × 併用がおすすめ
つみたてNISA

簡単に解説します。

老後資金を貯めるならiDeCoがおすすめ

iDeCoは原則60歳まで引き出せませんが、老後資金を貯めるうえではメリットです。途中で引き出せない仕組みなので、確実に老後資金を準備できるためです。

貯蓄が苦手な方にこそおすすめ。 ついお金を引き出してしまった経験がある方はiDeCoの利用を検討しましょう。

【女性の2人に1人が90歳まで生きる】
厚生労働省「簡易生命表(2019年)」によると、男性で27.2%(約4人に1人)、女性で51.1%(約2人に1人)が90歳まで生存しています。「多くの方に長い老後がある」という事実を冷静に受け止め、老後資金をしっかり準備しておきましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

出典:厚生労働省「令和元年簡易生命表の概況」

60歳までに必要なお金を貯めるならつみたてNISAがおすすめ

60歳までに使うお金を貯める場合はつみたてNISAを選びましょう。iDeCoは60歳まで引き出せないため向きません。以下のようなお金はつみたてNISAが向いているでしょう。

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=fuelle編集部作成)

これら以外でも、60歳までに使う予定のお金を積み立てる場合はつみたてNISAを選びましょう。

【すぐに使うお金はNG 銀行預金への積み立てが無難】
あまりに早く使うお金の場合、つみたてNISAにも向きません。時間の分散や長期運用の効果がうまく働かず、つみたてNISAのメリットを得にくいためです。

60歳までに使うお金のうち、ある程度期間に余裕があるものはつみたてNISAをおすすめできます。すぐに使う予定のお金は銀行預金で用意しましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

iDeCoの限度額以上に資金を貯めたい場合は併用がおすすめ

iDeCoの注意点の1つに、投資できる金額の少なさがあります。自営業者は年に最大81.6万円投資できますが、給与所得者は年に14.4~27.6万円までです。満額で20年続けても288~552万円までしか積み立てられません(利回り0%の場合)。

つみたてNISAは誰でも年に40万円まで投資できます。 「iDeCoだけだと目標に届かない」という方はつみたてNISAを併用しましょう。

iDeCoとつみたてNISAを併用する際におすすめの証券会社

iDeCoとつみたてNISAを併用する場合、以下の理由から「SBI証券」「楽天証券」をおすすめします。

【SBI証券と楽天証券をおすすめする理由】
  • iDeCo&つみたてNISAの商品が豊富
  • つみたてNISAのカード決済対応 ポイントが貯まる

「SBI証券」と「楽天証券」は豊富な取扱商品が強みです。またつみたてNISAのクレジットカード決済ができるため、カードから ポイント還元を受けられる点も魅力。

>>SBI証券の詳細はこちら(公式サイト) >>楽天証券の詳細はこちら(公式サイト)

SBI証券 楽天証券
iDeCo 取扱商品の数 37本 32本
商品の種類 10種 11種
つみたてNISA 取扱商品の数 175本 177本
カード決済
※()はポイント還元率
三井住友カード
(0.5~2%)
楽天カード
(1%)
※2021年7月26日時点
※「iDeCo 商品の種類」は確定拠出年金教育協会によるカテゴリー

出典:確定拠出年金教育協会(iDeCoナビ)「商品内容で比較」

これからiDeCoとつみたてNISAを併用しお金を積み立てる場合、SBI証券か楽天証券のどちらかで口座開設するのがいいでしょう。

【管理しやすいのは楽天証券】
SBI証券のiDeCoは「SBIベネフィット・システムズ」という別サイトで管理します。つみたてNISAを管理する証券サイトとは異なるIDが必要なため、併用すると管理が少し手間です。

楽天証券のiDeCoは証券サイトで直接確認できます。同じIDで管理できるため、併用時も管理しやすい点が魅力です。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

目的に合わせてiDeCoとつみたてNISAを組み合わせましょう

iDeCo,つみたてNISA,併用
(画像=blanche/stock.adobe.com)

iDeCoとつみたてNISAは併用可能ですが、それぞれ単独で利用することもできます。 お金を積み立てる目的に合わせ、両制度を上手に活用しましょう。

最初のステップは口座開設です。iDeCoやつみたてNISAを始めるならSBI証券か楽天証券がおすすめ。さっそく口座開設を申し込み、積み立ての第一歩を進めましょう。

iDeCoとつみたてNISA 併用に関するQ&A

Q

A
iDeCoとつみたてNISAは併用できる?
併用できます。なお一般NISAもiDeCoと併用可能ですが、つみたてNISAとの併用はできないため注意しましょう。

Q

A
iDeCoとつみたてNISAの違いは何?
両者の大きな違いは「投資できる商品」と「途中解約」、「投資額の所得控除」です。

つみたてNISAは「投資信託」だけに投資できますが、iDeCoは「定期預金」や「保険商品(いわゆる貯蓄型保険)」にも積立できます。またiDeCoは原則60歳まで解約できませんが、投資額と同額の所得控除を受けられます。積み立てと節税が同時にできる点が魅力です。一方つみたてNISAはいつでも解約できますが、iDeCoのような所得控除はありません。

Q

A
iDeCoとつみたてNISAを使い分けしたい場合はどう使い分けるのがいい?
老後資金を貯めたいならiDeCoが向いています。マイホーム資金や子どもの学費にあてたいならつみたてNISAがいいでしょう。

若山卓也
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有

【こちらの記事も読まれています】
つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3
FP直伝!つみたてNISAの選び方3つのポイント
つみたてNISAの商品はどう選ぶ?FP厳選おすすめ商品3つ
つみたてNISAで投資初心者におすすめの証券会社はどこ?5社
NISAとiDeCoはどちらがお得?特徴や違いをFPが解説

ネット証券おすすめ一覧