仕事・収入・幸福度の相関関係は?
私のベストバランス

仕事が楽しければ、収入が低くても幸せ? 収入が高ければ、忙しくても幸せ? 幸せに働く「ベストバランス」は、意外と分からないもの。そこで、さまざまなキャリアの転機を経験してきた女性たちにインタビュー。仕事・収入・幸福度の相関関係について調べてみました!

リスクをとって何かにチャレンジしようとするとき、今あるものを手放すことを恐れ、躊躇する人は多いのではないだろうか。

安定を捨てたことを後悔する日がくるのでは? 収入が下がってしまうのでは? 考えれば考えるほど、不安は膨らむ一方だ。

しかし、“かなきゃん”の愛称で親しまれる五十嵐夏菜さんは、これまでの実績や収入を丸ごと手放してでも、「チャレンジすることを選択してきた」と話す。

収入UPよりも、「今しかできないこと」をやりたい。SmartHRかなきゃん流・衝動重視のキャリア選択の効能【私のベストバランス】
(画像=株式会社SmartHR
セールスグループ カスタマーセールス
五十嵐夏菜(かなきゃん)さん
アイドルとして活躍する傍ら、携帯キャリアの販売員としても勤務。2018年よりエンジニアのインターン生としてSmartHRに入社。未経験エンジニアとして入社した自身の成長の軌跡をつづった『SmartHR Tech Blog』内の記事が話題を集める。19年2月、同社正社員に。同年10月にセールス部門へ異動。
Twitter:@kanacan『Woman type』より引用)

現在は、クラウド人事労務ソフトを提供するSmartHRでセールスとして働いているかなきゃんさん。過去には、アイドル、販売員、エンジニアなどさまざまな経歴を持っている。

かなきゃんさんにとっての幸せに働くための最重要項目は、収入でも安定でもなく「今しかできず、自分の強みを活かせることを仕事にできているかどうか」だという。

彼女はなぜそう考えるのか。また、どのように自分のベストバランスを見つけたのだろうか。詳しく話を聞いた。

職種チェンジを重ねた20代。年収減より「私だからできる仕事」を探した

収入UPよりも、「今しかできないこと」をやりたい。SmartHRかなきゃん流・衝動重視のキャリア選択の効能【私のベストバランス】
(画像=『Woman type』より引用)

ーーかなきゃんさんは4年前まで、アイドル活動をしながらiPadの販売員としても働いていたんですよね。

はい。私はいわゆる“地下アイドル”だったので、それだけで生計を立てていくのが難しくて、携帯電話やiPadの販売員も兼業していました。

2年連続でiPadの販売実績日本一になったこともあるんですよ。

ーー日本一とはすごいですね! 業績に応じて収入も上がりましたか?

実は、売上に応じたインセンティブは当時出ていませんでした。なので、純粋に兼業している時給の分だけ収入が上がった感じですね。

ただ、アイドルだけやっていた頃より年収は倍以上になって、一人で暮らしていけるくらいの収入を得られるようになりました。

ーーアイドルに、売れっ子販売員に……仕事を両立するのは大変だったのでは?

体力的には大変でしたが、どちらの仕事も大好きでした。ずっとアイドルになりたいと思っていたので、ステージで歌って踊れるのがうれしくて。

販売員のお仕事も小学生の頃から憧れていたこともありとても楽しくて、自分に合っていると感じていたので苦ではなかったですね。

ーーその後、2017年にアイドルを引退していますよね。これはなぜ?

まずは体力的にも長く続けるイメージが持てなくなったこと。あとは、当時所属していたグループのメンバーと向かいたい方向が違ってきてしまったことです。

それに、アイドルとして成し遂げたかった夢をある程度叶えられたと感じられたタイミングだったので、次のステージに進もうと決意しました。

まずは、当時楽しくやれていた販売員の仕事に専念することにしたんです。

収入UPよりも、「今しかできないこと」をやりたい。SmartHRかなきゃん流・衝動重視のキャリア選択の効能【私のベストバランス】
(画像=『Woman type』より引用)

ーー次に、SmartHRでエンジニアに転身されています。なぜまたキャリアチェンジを?

「すごい製品を売る人」から、「すごい製品を自分でつくる人」になってみたかった、というのが大きいです。

販売も素晴らしい仕事でしたが、「すごいのは私じゃなくて、iPadなのでは?」と思う瞬間が増えてきて。じゃあ、「製品を作る側にまわったら、どういう景色が見えるんだろう」と興味が湧き始めたんです。

エンジニアの仕事は未経験だったので最初はインターンとしてSmartHRに入社し、そこから少しずつ仕事を覚えていきました。

ーー未経験、なおかつインターンということで、エンジニアになった後はアイドル・販売の兼業時代より年収が少し減っていますね。

はい。兼業していたころと比べると年収は100万円程度下がりましたが、エンジニアになりたい思いの方が強かったので気になりませんでした。

むしろ未経験からの入社だったので、収入を得ながら学べる環境に身を置けることがありがたかったですね。

ただ、そこから正社員になり、着実にキャリアを積んで、アイドルと販売の兼業時代の収入を超えられるようになっていきました。

収入UPよりも、「今しかできないこと」をやりたい。SmartHRかなきゃん流・衝動重視のキャリア選択の効能【私のベストバランス】
(画像=『Woman type』より引用)

ーー現在はセールスの部署に在籍されていますね。もう一度「販売」の領域に足を踏み入れようと思ったのはなぜですか?

エンジニアとしてプロダクトを作ることも楽しかったのですが、新製品のセールスに会社として注力していくことになり、そこで自分の経験やスキルが求められていると感じたからです。

過去の販売経験も得意なことも生かせるし、自分らしく会社に貢献してみようと考えて部署異動を決断しました。

こうやって私の経歴を見ていただくと、ころころやっていることが変わるなって感じた方もいるかもしれませんね。でも、その通りで、これは私がその時々で「一番やりたいこと」に素直に向き合ってきたからなんです。