社会の枠を変えるのは難しくても
自分の「枠」を外すだけでジレンマから解き放たれる

バリキャリ女性ほど育休後に辞めてしまう? 「『育休世代』のジレンマ」著者に聞く男性的競争社会の落とし穴
(画像=『Woman type』より引用)

読者の中には、かつての中野さんと同様、「私は出産後もバリバリ働けるから大丈夫」と自信がある人も多いかもしれない。だがその自信こそが、男性社会の価値観や企業の論理に染まっている証拠であり、いざその時になると“育休世代のジレンマ”に陥りやすいという危険サインなのだ。

陥らないようにするためには、まずは女性たちが「男性社会の価値観」から抜け出す必要がある。

「若い女性は『仕事も家庭も完璧にこなすロールモデルがいない』とよく言いますが、それも男性社会の物差しでしか見ていない証拠かもしれません。働き方に多様性を認め、いろいろな選択肢が自分に存在していることに気付いてほしい。私自身、現在の会社に転職してみて、いかに自分が前職の企業倫理にがんじがらめになっていたかを痛感しました。周囲でも『営業だと育児との両立は難しいから、内勤への異動希望が通ったら出産しようと計画している』『夫の転勤についていく制度がないので、あわせて妊娠をして育休中だけでも一緒に住めるようにする』といった話も耳にしますが、そもそも自社の制度に合わせて子どもを産む時期を調整しないといけないなんておかしいわけです。たとえ、自分の会社が長時間労働を前提とするカルチャーだったとしても、両立支援が進んでいる企業の事例を見聞きすれば、そのルールや仕組みを変えるヒントが見つかるかもしれない。既存の枠から自分をはみ出させることが、満足のいくキャリアへの一歩となるはずです」

少しでも早く自分の中にある競争社会で作られた価値観を自覚し、その枠から離れて自由に物事を見ること。今からその準備をしておくことが、いつか妊娠・出産を迎えた時に、ジレンマを乗り越える力になるはずだ。

バリキャリ女性ほど育休後に辞めてしまう? 「『育休世代』のジレンマ」著者に聞く男性的競争社会の落とし穴
(画像=『Woman type』より引用)

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか?
著・中野 円佳/光文社新書/価格:(本体880円+税)

昔に比べれば、産休・育休や育児支援の制度が整ったかに見える今、それでも総合職に就職した女性の多くが、出産もしくは育休後の復帰を経て、会社を辞めている。出産後の就業継続の意欲もあった女性たちでさえ、そのような選択に至るのはなぜなのか、また会社に残ったとしても、意欲が低下したように捉えられてしまうのはなぜなのか。実質的に制度が整った2000年代に総合職として入社し、その後出産をした女性にインタビューを実施。それぞれの環境やライフヒストリーの分析と、選択結果との関連を見ていく中で、予測外の展開にさまざまな思いを抱えて悩む女性たちの姿と、その至らしめた社会の構造を明らかにする


提供・働く女のワーク&ライフマガジン『Woman type』(長く仕事を続けたい女性に役立つ、キャリア・働き方・生き方の知恵を発信中)

【こちらの記事も読まれています】
年収400万円以上稼ぐ女がしている3つのこと
性格別!年収アップ方法とは?
自分ブランドを作るために大切なこと
クセのある上司への「的確な」対処法とは
給付金がもらえる人気の資格6選